ローテーブルの選び方について

 

こんにちは。東京目黒でウォールナットの家具を中心に扱う
インテリアショップ、BRUNCH+SCです。

最近は日中だとお日様がでて過ごしやすい気温ですが
やはり夜になるとまだまだ寒いですね。
皆さまお風邪をひかないようお気を付け下さい。

さて、本日はローテーブルの選び方について書きたいと思います。

table_0079_wn_08_400px

ローテーブルがあることによって圧迫感がでて
お部屋が狭く感じると思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、サイズ感やデザインで印象が大きく変わってまいります。

まずローテーブルをお部屋に置かれる際

【高さ】

【形】

【素材】

こちらの3点に注意しながら選んでいただきたいです。

 

【高さ】

お気に入りのソファでゆったりと寛がれる時は
飲み物やおやつ、雑誌など手に届くところにあると
より快適にお過ごしいただけますよね。
check_z3yk_600px

その際、物が取りやすい高さは
ソファの座面と同じ高さ(約40cm~42cm)といわれております。

しかし、座卓でお考えの方は
もう少し低めの高さ(約35cm~38cm)ですと
お食事やテーブルの上での作業がしやすいかと思います。

※あくまで平均的な高さですので個人差はあります。

 

次に【形】と【素材】が重要となってきます。

 

【形】

大きく分けて円形のものと四角形のもので分かれます。

table_0400_06_400px
楕円や円テーブルは
お部屋全体に暖かみもでて、
小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも
角がないのでご安心ですよね。
また圧迫感も感じづらくなります。

table_0100_10_600px

正方形や長方形のテーブルは重厚感があります。
また、角までしっかりとお使いいただけるため
大人数でご使用されたり、テーブルでパソコンや作業を
される方などにオススメです。

 

 

【素材】

木の温もりを感じられる木製

スタイリッシュで置くだけでも絵になるガラス天板

 

ローテーブルですと物を落とした時にキズが深くついてしまいます。
当店は無垢材家具ですのでオイル仕上げであれば、
たとえキズやシミができてしまってもご自身で削って直すことができます。
また、木枠のソファとも相性抜群です。

対してガラステーブルはお部屋の圧迫感が和らぎより洗練された印象になります。
table_0237_07_400px

また、ガラス天板なので下に雑誌や小物など置かれても絵になりかわいいですよね。
お部屋の雰囲気を問わないのも魅力の一つです。

 

永く使うものだからこそ
慎重にお選びいただければと思います。
最後に当店のローテーブルをご紹介いたします。

 

 

TA-0314
table_0314_01_400px

 

 

TA-0100

table_0100_01_600px

 

 

TA-0237

table_0237_01_400px

 

 

TA-0400

table_0400_01_400px

 

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

アウトレット商品 新入荷!!

こんにちは。東京目黒でウォールナットの家具を中心に扱う
インテリアショップ、BRUNCH+SCです。

本日は展示の入れ替えによりアウトレット商品が追加されたので
ご紹介致します!!

TA-0474】BRUNCHオリジナルダイニングテーブル

曲線と直線がバランスよく取り入れられた、美しいダイニングテーブルです。

table_0474_wn_04_600px

table_0474_wn_03_600px

1400×奥行850×高さ720(mm)

 脚の付け根を大きくカーブさせ、幕板との連続性をもたせています。
カーブに丸みを持たせることにより、天板や脚の外側との共通性が
繊細な印象の脚と優しい丸みの天板を自然に繋げています。

 table_0474_wn_01_600px

幕板付きのテーブルであるため、肘付きのチェアを合わせる際は注意が必要です。

天板と幕板を合わせた高さは85mmとなっており、テーブルの高さが720mmの場合、AH630mm以下の高さの肘付きチェアですとテーブルに収めることが出来ます。

折角気に入ったテーブルとチェアを買われ、
家で合わせてみたら肘がテーブルの下に収まらなかった、、、
なんて悲しいですよね。。

こちらのテーブルに関わらず、
幕板つきテーブルをお持ちの方やこれからご購入を考えられている方!
お店のプライスカードを見ていただくと、
チェアのプライスにAHも記載されておりますので
見逃さずチェックをお願いします!

※AHとはアームハイ。床から図った肘の高さの事。

 image1

引出しが長手方向に2杯ずつ、合計4ついております。
一人ずつ使える引出しが嬉しいですよね

カトラリーやリモコンを入れるだけでなく、お子様のお勉強道具やお仕事用の文房具などを収納することも出来ますので、ダイニングでの過ごし方の幅が広がりますね。

 

そしてBRUNCHで一番と言ってもいいほどの美脚の持ち主です!!

image2

細身の脚は、最も太い付け根の部分でも5cmほど。
美しく繊細な印象をテーブルに与えています。

また脚の細さに伴い同じテーブルの幅でも他のものと比べ脚間が広がるため、小ぶりなサイズのテーブルでも多少大きめのダイニングチェアを合わせる事が可能となり、お選び頂けるチェアの幅が広がります。

 image4


1点限りのお得なお値段となっておりますので
ぜひ店頭へご覧くださいませ!

 

お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

インテリア×観葉植物!

こんにちは。東京目黒でウォールナットの家具を中心に扱う
インテリアショップ、BRUNCH+SCです。

本日はインテリアにはかかせない
観葉植物について書きたいと思います。

お部屋のどこにグリーンを置いたらいいのか、どんな家具とグリーンが相性がいいのか、、、
いざ置くとなるとわからなくなりますよね。

観葉植物を置くだけで、より一層素敵なお部屋になり色が生まれます。

image3

当店の一部だけでもこのグリーンの数です!!

大きな観葉植物を飾るときは入り口付近やお部屋の隅、時には仕切りなど、
空間の余白になっている場所に飾るのがコツ。
こうすることで背景として緑の景色を演出します。

image1

こういったサイドボード【CA-0100】に
お洒落な鉢に入ったグリーンを飾ると、
雰囲気もでてかっこいいです!

こちらはゴッドセフィアナ。(正式名称:ドラセナ・スルクロサ)
葉の斑点模様が特徴でお部屋のアクセントにもなります。

image4

ソファの大きさによっても置くグリーンが変わってきます。

こちらのソファ【SO-0058】はW1980もあるので
グリーンが負けないよう長さがある
アイビーをテーブルの中央に置いています。

アイビーはつる性の植物で、
鉢から伸びるツルと葉っぱが特徴的なインテリアグリーンです。

棚など高いところに置いて上から垂らして飾るのもおすすめです。

 

image5

重厚感あるテーブル【TA-0078】には
陶器も黒でシックに、グリーンは多肉植物を。
赤みがかった色味がより高級感を増します。

多肉植物は水を自身でため込むので乾燥に強く
ほとんど水やりがいりません。
忙しくてお水を毎日はあげられない方などにおすすめです!

 

お部屋の空間によって植物を変えるだけで
家具のイメージが変わってくるので
自分だけのコーディネートをお楽しみいただけます。

 

無垢材家具の良さを更に引き立ててくれる観葉植物。
毎日一緒に過ごしていくのでどんどん愛着が沸きますよね。
これからも大切に育てていきたいと思います!

image2

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

BRUNCHオリジナルソファーの魅力!

こんにちは。東京目黒でウォールナットの家具を中心に扱う
インテリアショップ、BRUNCH+SCです。

 

ここ最近のことですが、手袋をポケットに入れているつもりが、
いつの間にか落ちてしまったみたいで
親切な方が片方の手袋を拾ってくだいました。
その後ろで、今度は違う方が走ってもう片方の手袋を届けてくださったのです!!

本当に優しくて親切な方が多く、少し涙腺が緩んでしまいました。
私もなにか人様のお役に立てるよう、日々目を配らせて生活したいと思います。

 

さて、余談が少し長くなってしまいましたが、
BRUNCHではたくさんのオリジナル商品がございます。

本日はその一部、BRUNCHオリジナルソファー【SO-0013】をご紹介いたします。

 

sofa_0013_le_01_600px sofa_0013_le_03_600px sofa_0013_le_04_600px

 

ウォールナット無垢の木枠フレームは 高級感がありつつも
お部屋の圧迫感を和らげます。

 

また、後ろからみるシルエットも素敵で
お部屋の真ん中に置いていただいてもスッキリとした印象です。

ソファーにとって一番重要な座り心地ですが

sofa_0013_10_400px

クッションの下はこういったウェービングベルトといった 板ではなく、
衝撃を吸収してくれる材料を使用している為 底つき感がなくお掛けいただけます

ウェービングベルト単体で見ると、耐久性は大丈夫?
と聞かれることが多いのですが、
ウェービングベルトの上に置かれるクッションの構造が
しっかりされているのもであれば、耐久性には問題がないのでご安心ください。

BRUNCHはこのクッションにも力を入れており、
内部構造はこのようになっております。

sofa_0012_09

ポケットコイルとは、
座ったときに一番体重がかかる部分がもっとも沈み、
あまり体重がかかっていないところはそれ程には沈みません。

ですので、無理のない自然な体勢で快適にお寛ぎいただけます。

 

また、人は長時間同じ体勢で座る際にフラットな面よりも
傾斜がかかっている方が疲れにくいと言われております。

例えば、新幹線や飛行機。 どちらも『2度』程度ですが傾斜がかかっております。
そういった、面も含め オリジナルソファーが誕生いたしました。

 

 

クッションカバーは、約60種類からお選びいただけます。

1ランク モーネ201 モーネ202 モーネ203 モーネ204 モーネ205
2ランク ハム ジェロニモ ハム スピンネイカー ハム フロンティア ハム ヒーロー ハム シュガーロフト プリモ 03 プリモ 06 プリモ 35 プリモ 1
3ランク トノ 1 トノ 5 トノ 24 トノ 51 トノ 251 サラナ 1 サラナ 3 サラナ 35 和紙 2 和紙 3
和紙 4 和紙 N13
4ランク ラッセル 4 ラッセル 11 ラッセル 18 シンガー 5 シンガー 12 シンガー 13 メリノス1 メリノス10 メリノス47 メリノス48
MS革 MS113 MS124 MS136 MS154
MY革 MY213 MY235 MY241 MY287
SS革 SS321 SS325 SS338
ヌメ革 ヌメ革
KW革 KW13 KW21 KW25 KW36

 

只今RUNCH+SCではこちらの張地で展示しております。

 

IMG_2784

 

背と座のクッションはカバーの取り外しが可能です。

 

sofa_0012_wn_05_400px
ですので、季節によってカバーの色を変えたり、
汚れた時にはドライクリーニングで汚れを落とすことも可能です。

また、何年かご使用された後、模様替えとして
カバーだけ変えられるのもいいですよね!

更にご自宅の雰囲気に合わせて 2つのタイプから
フレームをお選びいただく事もできます。

 

sofa_0013_09_400px

sofa_0012_13_400px

 

座り心地は好きだけど、もう少しスタイリッシュなほうが、、
などといったデザイン面でもしっかりとカバーが出来るのが
オリジナルソファーの魅力です!

 

気になる点等ございましたら
いつでもご相談下さいませ!

皆様のご来店スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

BRUNchair 3周年記念!!

 

皆さまこんにちは。
目黒のインテリアショップBRUNCH+SCです。

当店初のオリジナルチェアと製作された
BRUNchair(ブランチェア)が今年で3周年を迎えました!!

eyecatch_1200px

どのチェアももちろん愛着はありますが
BRUNchairは何度も何度も試行錯誤を重ね、
デザインや座り心地、肘を置く位置まで!
お掛けいただきやすい場所を考え、
多くのお客様から愛されるチェアとなるよう
作られたチェアです。

BRUNchairの秘話はこちらからご覧ください。

 

より多くの方にもご堪能いただきたく、
今回3周年記念としてフェアを開催しております!

ブランチェアフェア-ポスター-英語-800x534

BRUNchair 2脚以上+ダイニングテーブル のセットでお買い上げ頂いた場合、
なんと商品の合計金額から3%OFF&送料無料とさせていただきます!
※お支払い方法は、現金またはお振込みに限らせていただきいます。

 

そんな当店自慢のチェアに合うテーブルを本日ご紹介いたします!

table_0008_wn_01_600px

TA-0008-WN

天板を約38mmの厚さの無垢材で仕上げた、贅沢なダイニングテーブル。

幕板がないので肘付きのチェアもすんなりと収まります!

また、こちらのテーブルはサイズや天板の面形状、脚の形状等
お選びいただけますのでご自宅にあったテーブルを作ることができます。

 

table_0415_01_400px

TA-0415

脚が先にいくにつれ細くなり、
天板の短手は船底のように削られているため、
全体的に軽やかな印象です。

肘付きチェアを4脚置かれても
圧迫感なくお使いいただけます。

また、皆さまお座りになる体制はさまざまですので
肘無しチェアと肘付きチェアを2脚ずつ並べられても素敵ですよね。

また、幕板がないのでお誕生日席にもチェアを置くことができます!

店頭でいろいろなテーブルとチェアの組み合わせをしておりますので
ぜひお散歩がてらお立ち寄りくださいませ!

 

 

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

ウォールナットとは。

こんにちは。
BRUNCH+SCです。

 

さて、本日は私なりにウォールナットを調べてみました!

当店はウォールナットを主に販売しており、
皆様も色味等はよくご存知だと思います。

eyecatch_tfj3_800px

そもそもどんな木を使用しているのか、、

実はアメリカ東部及びカナダのオンタリオ州等が産地で、くるみ科の植物なんです。世界三大銘木で大統領のお立ち台にも使用されている程。アメリカの代表の木と行っても過言ではない立派な木です。

20140121165513
出典
:http://rhino-blog.hatenablog.com/entry/2014/01/21/touchonwood/walnut-furniture/hulsta

家具や床材の他、楽器の素材としても多く使われております。

ウォールナット材の特長は

【耐衝撃性に強い】

【木肌が非常に美しい】

【狂いがおきにくい】

などが主に挙げられます。

他の樹種との相性もいいですし、革やファブリックなんかもあうので
お部屋の空間が作りやすいのもポイントです。

 eyecatch_fhxm_800px

また木目が真っ直ぐで美しく、更に手触りもなめらかで、
一目惚れされてご購入される方が最も多いのがウォールナットです。

tj-2263k

それほどまでに、沢山の方を唸らせる木目をしております。

しかし、濃い木ほど濃淡の違いが特に目立ち〈白太〉がきになる方もいらっしゃると思います。

※白太とは…樹木の幹を輪切りにすると外周部は白く、内側は赤みがかっており
部分的に白味がかった部分を白太といいます。

無垢材の木だからこそ、白太がしっかりとでてより天然木の風合いを感じて頂けると思います。また、無垢材の醍醐味の経年変化は2年〜3年かけてだんだんと明るく変化します。

もし、どうしても白太が気になる!と言う方は着色ウレタンでしたり着色オイルをして頂くと、ある程度色を均一にしてお作りする事もできます。

(商品により仕上げ方は異なってきます。)

table_0008_wn_01_600px

TA-0008
こちらは当店で不動の人気を誇るダイニングテーブルです!
床はナラ材ですが、相性抜群ですよね。

chair_0224_wn_01_600px

 

CH−0224

こちらも人気のチェアです!普通のチェアに使用されるクッションの2倍の厚みなので、まるでソファに座っているかの様な座り心地でございます。

chair_0209_01_400px

CH−0209

板座のベンチはよく目にしますが、
革のベンチは重厚感もぐっとでて、見た目も座り心地もバッチリです♪

本日は当店のほんの一部のご紹介でした。
まだまだ沢山ございますので、是非店頭にてご覧下さいませ。

 

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

このシェルフ、そのお部屋の空いたスペースにいかがですか?

明けまして、おめでとうございます。
BRUNCH+SCでございます。
本年も、変わらぬご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

2016年は皆様、どんな年だったでしょうか。
昨年は、なんだか特にとてもいろんな事が起こった年のような感じがしますが、きっと忘れているだけで、毎年同じくらい色んな事が起こっているのでしょうね。 2017年が皆様にとって、とても良い年となります事を、心からお祈り致します。

さて、新年最初のブログは、こちらのコンパクトでスッキリかわいい、ちょっとした壁際の空間を埋めるのにも最適なBRUNCHオリジナルシェルフのご紹介からスタートしたいと思います!

・CA-0164 BRUNCH オリジナルシェルフ

cabinet_0164_02_600px

cabinet_0164_08_400px

cabinet_0164_09_400px

「コンパクトでありながら、高級感のあるシェルフ」をコンセプトに我々が作り上げた、BRUNCHオリジナルシェルフです。

H1600mmと高さはありますが、引出し部分以外は扉も背板も無いオープンタイプのシェルフなので、空間への圧迫感が少なく、スッキリ軽やかな印象です。

また、中程の棚板にガラスを使用し、引出しのつまみは黒鉄のものを使用すなど、細かい部分にもこだわった、ひとつの家具でガラス、鉄、木の3種の異素材の組み合わせを堪能して頂けるシェルフとなっています。

cabinet_0164_11_400px

また、このH400mmとかなり高めの、しかも細くシャープな脚がよりスッキリ感を演出してくれます。壁際の下の方にあるコンセントもだいたいのものは余裕でかわせます。
脚もとのスペースがかなりあるので、カゴやボックスを置いても良いかもしれませんね。

cabinet_0164_07_400px

そして、奥行きが300mmとかなり浅めなので、圧迫感が軽減され、壁際に置いても邪魔になりにくいです。

こういうスッキリかわいいデザインで、奥行きが浅めで背が高めのシェルフって、実はあんまり無いんですよね。

でも、このような家具で埋めたい、ちょっとしたお部屋の壁際のスペースって、意外と結構どのお宅にもありますよね。

cabinet_0164_05_600px
どちらかと言うと見せる収納ですが、収納力も意外と結構あるので、そんなスペースを埋めるのに、かなり適したシェルフです。

是非、採用をご検討頂けますと幸いです。

それでは、本年も株式会社BRUNCHを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

一見普通のデザインのテーブルに隠された、こだわりのヒミツ

こんにちは。

ウォールナット家具のBRUNCH+SC(ブランチ セカンド)です。 今日の目黒は生憎のお天気ですが、 風が暖かく、外はそんなに寒くありません。 とんでもなく早く雪が降ったり、もう年末なのに こんなに暖かくなったり、なんだか不思議な感じです。

さて、本日のブログは、BRUNCHオリジナルダイニングテーブルについてです。

・TA-0472 BRUNCHオリジナルダイニングテーブル table_0472_01_600px

ベーシックでシンプル。普遍的に人気のデザインのダイニングテーブルです。 天板に4本脚、そして脚の間の幕板という構成は、非常に安定感があって、 見た目にもバランスのとれた構成です。 昔から普遍的に愛され、用いられてきたデザインで、今でもバリバリの現役という感じです。
脚が天板の一番外側に付いているので、脚と脚の間の寸法(脚間寸法)が広く、小さめの幅でお作りしても、合わせるチェアの幅が多少広かったとしても、脚の間に収まりやすいです。

table_0472_05_400px

非常にシンプルですが、細かく見ていくと、隠れたデザインのポイントがいくつもあります。 まずは脚と天板の間のスリットです。 これにより、陰影が強調され、直線が際立ち洗練された印象になります。 非常に細かいポイントで、言われなければすぐには気が付かないかもしれませんが、視覚情報的には確実に目に飛び込んでおり、家具を見た時の印象に影響を与えます。

table_0472_06_400px

また、強度を増す為に用いられる幕板は、視覚的にも大きな効果を発揮します。
こちらのテーブルの場合は、幕板が天板の端から少し奥まった所に付いており、それによって陰影が出て、側面から見た時の重厚感は保ちつつ、見た目にメリハリをつけることができます。

table_0472_07_400px

また、幕板が奥まった所に付いていることによって、テーブルを上の方から見た時に幕板が天板に隠れ、非常にスッキリとした印象となります。
遠くから見た時は重厚感のある存在感を強調し、近くから見た時は逆に圧迫感を軽減したスッキリとした印象を与えてくれる、BRUNCHオリジナルダイニングテーブルならではの、こだわりあるディテールとなっています。

table_0472_08_400px

また、こちらのテーブルは天板の接ぎの幅がほぼ同じになるように企画しております。
通常はこの接ぎの幅は完全にランダムで、幅が太かったり極端に細かったり様々なのですが、こちらのテーブルはそれをなるべく均一になるようにしているので、よく見た時の印象が、良い意味でかなり変わってきます。(天然の無垢材を使用しておりますので、今後、材料の状況に寄っては接ぎ幅にバラツキが出る事もございます。)

table_0472_04_600px

こちらのBRUNCH自慢のオリジナルダイニングテーブルを、是非一度店頭で実際にご覧になってみて頂ければと思います。
今回お話したポイントをもとに見て頂くと、きっと他のシンプルなダイニングテーブルとはひと味違ったテーブルということに気が付いて頂けると思います。

また、興味のある方は、こちらの商品ページも是非併せてご確認下さい。
http://www.brunchone.com/catalog/table_0472/

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

重厚なのと軽快なの、どちらがお好みですか?(TVボード編)

こんにちは。
ウォールナット材のインテリアショップ、BRUNCH+SCです。

ここ数日、比較的良いお天気が続いてくれて、嬉しい限りです。
相変わらず寒いことには変わりありませんが、お天気が良い分、
幾分か寒さも和らいで感じます。
年末から年明けまで、このままの感じで行ってくれたら嬉しいです。

さて、今回のブログは、BRUNCH+SCに展示のある、重厚な印象のTVボードと、
軽快な印象のTVボードをご紹介致します。

まずご紹介致しますはこちらの重厚な印象のTVボード、

cabinet_0136_01_600px

CA-0136 BRUNCHオリジナルTVボードです!
重厚でもの言わぬ存在感溢れるデザインで、背板以外無垢材で作ることによって、
無垢材の素材感や高級感を非常に感じて頂けるTVボードです。

cabinet_0136_05_600px

一見非常にシンプルな箱形のデザインですが、細かな所に目を向けると、
繊細なデザインが隠れています。
上の写真のような、天板と側板が非常に薄く見える意匠もその一つです。

このような繊細な意匠が、ともすると粗野な印象になりがちな重厚感のある見た目に、高級感をもたらしてくれます。

cabinet_0136_07_600px

抽斗の中には深さの浅い抽斗がもう一段あり、細々としたものを仕舞っておけます。もちろん、深い方の引出しにはDVDがラベルを上にして立てて収納出来る深さ
も確保してあります。
デザインだけでなく、実用性も十分です。

 

次にご紹介致しますはこちらの、軽快な印象のTVボード、

cabinet_0151_01_600px-1

CA-0151 BRUNCHオリジナルTVボードです!
つまらなく、重たいデザインになりがちな収納家具ですが、
こちらのTVボードは本体部分にも様々な意匠を取り込みつつ、
絶妙なデザインの背の高い脚を採用し、軽快かつ遊び心のある
デザインのTVボードとなりました。

cabinet_0151_10_400px
脚は黒い無垢鉄脚を採用し、非常にシャープながらも
TVボードとして十分な強度を保つことに成功しています。
また、斜めのラインを多用したデザインで、四角い本体
のデザインに動きをもたらしています。
また、単純に高さのある脚なので、とても軽やかな印象です。

cabinet_0151_09_400px-1

本体のデザインは様々あるのですが、その中でも、この抽斗の
前板に施されたデザインは、まさに職人の技を感じさせます。
細かな半円型の彫り込みを沢山施してあり、光の屈折が変わる事で、
無垢材の表情が見る角度で様々に変わります。
非常に細かいですが、しかし目で見ると確実に違いとなって
現れます。

 

いかがでしたでしょうか。
上の2台とも、BRUNCH+SCで非常に人気の高いTVボードです。

同じウォールナット材を仕様していながらも、まるで違う印象
の2台のTVボードです。
あなたのお好みは、どちらでしたでしょうか。

また実際にご覧頂くと、新たな発見があるかもしれませんし、
実際、今回のブログでご紹介しきれなかったポイントも幾つも
ございます。

是非、BRUNCH+SCに足をお運び頂き、実際にご覧になってみて下さい。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

ローバックソファでハイバックの掛け心地を。

こんばんは、BRUNCH+SCです。

この2,3日でまた寒さがぐっと増しましたね。
先日北海道に旅行に行っていたスタッフは、函館ももちろん寒かったけど東京の寒さはまた質が違う…と言っていました。
私もむかし修学旅行で札幌に行ったんですが、向こうは室内の暖房設備が完璧なのでむしろ過ごしやすかった記憶があります。
まだ年も越していないですが、寒いのが苦手なので一刻も早く春がきてほしいところです。

さて本日は、こちらのソファについてご紹介したいと思います。
とにかく一度座ったら忘れられない掛け心地で、私がいま一番欲しいソファです。

■SO-0102 フルカバーリングソファ

sofa_0102_02_400px

※写真をクリックで詳細がご覧になれます。

こちらです。
まずこのソファを語る上でご説明しなければいけないのが「ローバック」と「ハイバック」についてでしょう。
下の写真をご覧ください。

ハイバックソファ H930mm
sofa_0061_07_400px

ローバックソファ H770mm
sofa_0077_03_400px

明確に高さ何cm以上からがハイバックソファという定義があるわけではありませんが、上の写真でわかるようにローとハイには15cm以上の高さの違いがあります。
それぞれに長所短所がありますので大まかに書き出します。

■ハイバックソファ
背が高いので首の後ろまでクッションが支えてくれ非常に掛け心地がよいが、
部屋に置くと圧迫感がでる。

■ローバックソファ
背が低く圧迫感が少ない代わりに、ハイバックに比べると首周りの掛け心地は劣る。

大きく分けるとこんな感じです。
もちろんハイバックでも掛け心地がイマイチのものもありますし、ローバックだから圧迫感が出ないわけでもありません。
世の中のソファは背の高さの違いによってこのように分けられているという事です。

 
それでは話をSO-0102ソファに戻します。
SO-0102の高さはどのくらいかというとH810mmとローバックと呼んで差し支えない高さと言えます。

sofa_0102_03_400px

しかし、ただのローバックではないのです。
このソファは奥行き(D)が1010mmと非常に大きく作られています。
率直に言うと大きすぎです。おそらくほとんどの日本の住宅に対して大きいと思います。

ではなぜこのように奥行きを大きくしてあるのか、その秘密を解くカギが先に説明したローバックとハイバックについてなのです。

 

【奥行きが深い理由】

先にご説明した通り、ハイバックで作った方が掛け心地はいいのです。
でも高さが出るので圧迫感が気になります。
そこでこのソファはハイバックソファの背と座のバランスを逆転させたんですね。
奥行き方向に寸法を大きくとり背を低くし、座面の前側に座ることで首が背クッションに当たるような姿勢をつくり出せるのです。
つまり究極にダラ~っと座ることができるんです。

 

ローバックなのにハイバックの掛け心地、いや個人的にはそれ以上だと思います。
さらに本体の座フレームにスチールを採用することで驚きの薄さを実現し、その分を座クッションの厚みにまわしています。

sofa_0102_07_400px

もちろんル〇バも通ります。
脚はウォールナット材とホワイトオーク材の2種類からお選びいただけます。

sofa_0102_10_400px

オットマンをつけると、もう二度と立ち上がれなくなるかもしれません。

とにかく一度腰かけて頂きたいソファです。
そのまま寝てしまわれる方も続出しておりますが、ぜひ店頭でお試しくださいませ。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------