ローテーブルの選び方について


 

こんにちは。東京目黒でウォールナットの家具を中心に扱う
インテリアショップ、BRUNCH+SCです。

最近は日中だとお日様がでて過ごしやすい気温ですが
やはり夜になるとまだまだ寒いですね。
皆さまお風邪をひかないようお気を付け下さい。

さて、本日はローテーブルの選び方について書きたいと思います。

table_0079_wn_08_400px

ローテーブルがあることによって圧迫感がでて
お部屋が狭く感じると思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、サイズ感やデザインで印象が大きく変わってまいります。

まずローテーブルをお部屋に置かれる際

【高さ】

【形】

【素材】

こちらの3点に注意しながら選んでいただきたいです。

 

【高さ】

お気に入りのソファでゆったりと寛がれる時は
飲み物やおやつ、雑誌など手に届くところにあると
より快適にお過ごしいただけますよね。
check_z3yk_600px

その際、物が取りやすい高さは
ソファの座面と同じ高さ(約40cm~42cm)といわれております。

しかし、座卓でお考えの方は
もう少し低めの高さ(約35cm~38cm)ですと
お食事やテーブルの上での作業がしやすいかと思います。

※あくまで平均的な高さですので個人差はあります。

 

次に【形】と【素材】が重要となってきます。

 

【形】

大きく分けて円形のものと四角形のもので分かれます。

table_0400_06_400px
楕円や円テーブルは
お部屋全体に暖かみもでて、
小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも
角がないのでご安心ですよね。
また圧迫感も感じづらくなります。

table_0100_10_600px

正方形や長方形のテーブルは重厚感があります。
また、角までしっかりとお使いいただけるため
大人数でご使用されたり、テーブルでパソコンや作業を
される方などにオススメです。

 

 

【素材】

木の温もりを感じられる木製

スタイリッシュで置くだけでも絵になるガラス天板

 

ローテーブルですと物を落とした時にキズが深くついてしまいます。
当店は無垢材家具ですのでオイル仕上げであれば、
たとえキズやシミができてしまってもご自身で削って直すことができます。
また、木枠のソファとも相性抜群です。

対してガラステーブルはお部屋の圧迫感が和らぎより洗練された印象になります。
table_0237_07_400px

また、ガラス天板なので下に雑誌や小物など置かれても絵になりかわいいですよね。
お部屋の雰囲気を問わないのも魅力の一つです。

 

永く使うものだからこそ
慎重にお選びいただければと思います。
最後に当店のローテーブルをご紹介いたします。

 

 

TA-0314
table_0314_01_400px

 

 

TA-0100

table_0100_01_600px

 

 

TA-0237

table_0237_01_400px

 

 

TA-0400

table_0400_01_400px

 

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>