BRUNCH+SC新作オリジナルダイニングテーブルをご紹介!


こんにちは。

ウォールナットの無垢材家具を扱う、東京目黒のインテリアショップ、 BRUNCH+SCです。

ここ数日、ようやく春らしい暖かさがやってきたと思ったら、 急にまた冬のような寒さに逆戻りしたりと、寒暖差が激しい 日が続いていますね。 体調を崩しやすい気候となっておりますので、風邪などひかれない ように、ご自愛くださいませ。

さて、今回のブログは、こちらの新作商品をご紹介いたします!

・TA-0549 BRUNCHオリジナルダイニングテーブル http://www.brunchone.com/catalog/table_0549/ table_0549_01_600px

最近完成し、入荷致しました、BRUNCHオリジナルの新作ダイニングテーブルです。 シンプルなデザインながら、細かいこだわりの詰まった、味わいのあるダイニングテーブルとなっております。 そんなこだわりを少しご紹介したいと思います。
1.あえての節有材 table_0549_05_600px

こちらのテーブルは、あえて「コモングレード」と呼ばれる、木の節が出ている材を使用して製作しています。 節とは、樹木の成長過程で、枝があった部分になります。 この部分は特徴的な見た目になるので、好き嫌いが分かれるかとは思いますが、このテーブルはあえてその部分を残しています。 それにより、ウォールナットの木目がより自然の息吹を感じられる見た目になり、自然の持つ力強さや多様性といったものを、その木の持つ歴史をより一層感じることができます。
2.天板の厚さはこだわりの30mm厚 table_0549_07_600px

天板の厚みは、適度なシャープさを持たせつつ、幕板を付けなくても信頼がおける、30mm厚としています。 この適度な厚みが、無垢材の質感を感じられつつ、圧迫感を与え過ぎない仕上がりにしています。 また、天板の下の幕板がないので、天板下が見た目にもスッキリとしている他、肘掛けの高い椅子も天板下に仕舞うことができ、男性の方でも椅子に座って楽々足を組んで頂けます。
3.選べる脚 table_0549_09_600px

さらに、こちらのテーブルは脚の形状をお選び頂けます。 画像のものは角テーパー脚で、下に行くほど細くなる形状をしています。 この形状は、テーブルの脚下をよりスッキリとした印象にしてくれ、見た目にもアクセントになります。 他に、細くなっていない角柱脚をお選び頂くこともでき、そちらはよりスタンダードな安定感のある印象です。

 

ジボリ

BRUNCH+SCでは現在、こちらのテーブルを外からでもよく見える、入口脇のスペースに展示をしております。
おかげさまで、早速ご好評を頂いております。
誠にありがたい限りでございます。

ダイニングテーブルをお探しの方は、是非一度実物をご覧になってみてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>