IFFT/Interior Lifestyle Livingにて素敵な出会いが!


こんにちは!無垢材家具のインテリアショップBrunch+Chibaです。

11/20-11/22まで開催されておりました「IFFT/Interior Lifestyle Living」 に行って参りました!

日本全国の家具工房から出展されますので、刺激にもなりましたし、とても楽しい一日となりました。

中でも私の一番の収穫は、Inoda+Sveje(イノダ+スバイエ)の猪田恭子さんにお会いしお話が出来た事!
※Inoda+Svejeとは、日本人の猪田 恭子さんとデンマーク人のニルス スバイエさんによるデザインユニットです。

とても気さくで素敵な方でした!

Brunch+Chibaでも彼らのデザインしたチェアやスツールを展示しています。

〈CH-0179〉ダイニングチェア
chair_0179_eyecatch_600px芸術品のような、圧倒的な美しさと存在感を放つチェア。

座面や背もたれ、脚の先までR加工が施されています。

丁寧に削り取られた座面は、板座とは思えない座り心地です。お部屋に1脚あるだけで絵になるような、惚れ惚れするチェアです。

eyecatch_1200px-1image_gallery_04_765px2015年6月1日、六本木ヒルズ森タワー52階にオープンした「Museum Cafe & Restaurant, THE SUN & THE MOON」にこちらのチェアをご納品させていただきました。

森美術館でアートを楽しんだ後、こちらのレストランで最高のお食事と座り心地・美しさを堪能していただく。

とても素敵な体験になりそうです!

〈CH-0204〉ダイニングチェア
chair_0204_eyecatch_600px
彫刻のように美しく有機的なカタチ。

すべての接合部分を曲線でつなぐことで、なめらかで優美なシルエットとなっています。

大きく肉抜きされた座面にはメッシュ素材が張られ、驚くほどにと軽いチェアに仕上がりました。

どこに置いても目を引く存在感があります。
chair_0204_06_600px美しいですね。

 

〈CH-0165〉スツール
chair_0165_eyecatch_600pxシンプルな中にたくさんの詳細が詰まっているスツールです。

薄さ7mmにまで細くした桟の弾力性が特徴で、見た目からは想像できない座り心地です。

単なる丸でも、四角でもない断面で、職人ならではの繊細な作業が実現させた、贅沢なスツールです。
chair_0165_06_600px座面が紫色!と驚かれることもしばしば。

その理由は、材面に使用している木材が「パープルハート」という木の種類だからです。

製材直後から鮮やかな紫色となり、その後はだんだんと赤褐色に。

こちらの美しい紫色が、天然の木そのものの色というのが少し不思議ですね。

また、猪田さんとはIFFTでお会いしてから個人的にご連絡もさせていただき、なんとお忙しい中ご返信も頂いたのですが、
猪田さん、スバイエさん、お二方ともこちらのスツールはお気に入りだとのこと。

ご本人もショールームにて蜜蝋を塗り込むなどのメンテナンスもされるようです。

**************************************

さて、最後になりましたが、お得なフェアも残すところあとわずかの期間となりました。

ぜひ、お見逃しのないようご注意ください。
eyecatch_1200px 「選割 フェア」

また、上記のチェア・スツールは常時Brunch+Chibaに展示しております。

実際に座り心地をお確かめにお越し下さいくださいませ!!

Brunch+Chiba
————————————-
〒274-0077
千葉県船橋市薬円台2-20-5
tel&fax/     047-401-4045
chiba@brunchone.com
http://www.brunchone.com
————————————-

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>