円テーブルのすすめ


こんにちは、船橋市のインテリアショップBrunch千葉店です。

私事ですが、最近マンションを見学する機会が多く、
(いつ購入して引越するかは全くの未定ですが…!)
モデルルームの家具や小物のレイアウトが素敵で、ついそちらに目がいってしまいます。

一般的には4人掛けのダイニングテーブルは長方形を選ぶ方が殆どかと思います。
しかし、モデルルームを見ると、
遊び心のある円テーブルを配置しているケースをよく見かけます。

そこで今回は、
円テーブルのメリットとオススメ商品をご紹介します。

・空間が動きが出て華やかになる

部屋は殆どは直線で四角い形をしています。
そこに家具も直線的だと、全体的にパリッと緊張感のある空間になります。
ダイニングテーブルが円形にすれば、部屋全体の印象が柔らかくなります。
直線的な家具の中において、パッと目を引く存在となります。

・つめてしまえば沢山座れる

長方形のテーブルのように座る位置が決まっていないので、
つめれば沢山の人数が座れます。
友人宅に遊びに行った際、直径90センチ程の円テーブルがありましたが、
がんばって8人で座りました!!
(普段からつめて座るのはストレスですが、たまに友人が集まる時には便利です。)
・みんなの顔を見て食事ができる

長方形のテーブルですと、隣に座っている人の顔が見えませんが、
円テーブルならみんなの顔を見ながら楽しく食事ができます。
真っ正面を向いて会話するよりも、斜めの角度を向ての方がリラックスして
会話ができるそうです。

逆にデメリットと言えば、
長方形のテーブルに比べてスペースをとりますので、
ご検討の際は図面などをご持参の上、スタッフにご相談ください。

現在、千葉店には4種類の円テーブルを展示しています。

table_0097_eyecatch_600px

カイ・クリスチャンセン氏デザインの復刻版で、
突板天板の模様が特徴的な、
TA-0097 北欧デザインオーダーダイニングラウンドテーブル

table_0014_eyecatch_600px

円テーブルでもしっかりと重厚感のある形をしている
TA-0014 サイズと樹種が選べるオーダーダイニングテーブル

table_0389_eyecatch_600px

ガラス天板でスッキリとしたデザインの、
TA-0389 木と硝子オーダーガラス円テーブル

table_0137_eyecatch_600px

丸みがあって可愛らしいフォルムをした、
TA-0137 脚の本数を選べる オーダーラウンドダイニングテーブル
樹種はもちろん、
天板のサイズや脚の本数が選べるものもございますので、
ぜひ参考にしてみてください。

お部屋をモデルルームのように小洒落た雰囲気にしたい方は、
円テーブルを候補に入れてみてはいかがでしょう?

それではまた。

*****************************
BRUNCH 千葉店
〒274-0077
千葉県船橋市薬円台2-20-5-1F
tel/fax : 047-401-4045
*****************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*