ご存知ですか?BRUNCH+SCの一番人気ソファ


こんにちは。
東京・目黒通りでウォールナット材の家具を中心に扱うインテリアショップ、BRUNCH+SCです。

今日の目黒通りは、お天気もとても良くて、過ごしやすい気温でまさにお出かけ日和といった感じですが、風がとても強いです。
道行く人々はみんな、その風の強さによってとても歩きづらそうです。
また、風が冷たいので外の体感気温は、実際の気温と比べるとずっと低く感じられます。
外を出歩く際は、くれぐれもご注意ください。

さて、今回のブログはこちらのソファをあらためてご紹介いたします。

 

・SO-0058 無垢材を贅沢に使用した重厚な佇まい 木枠ソファ

sofa_0058_eyecatch_600px

sofa_0058_02_600px

sofa_0058_03_600px

sofa_0058_04_600px

無垢材を贅沢に使用した頑丈なフレームに、フェザーとシリコンポリエステル綿入りのボリュームのあるクッションを乗せたシンプルなソファです。
シンプルながらも、そのがっしりと組まれた骨太の木フレームは迫力満点です。
また、座面が深く広く作られており、脇の小さめのサイドクッションも付属しておりますので、それを枕にして、「寝るソファ」としてお使い頂くのに最適なソファと言えます。

sofa_0058_11

背クッションはシリコンポリエステル綿という合成綿と、軟質ウレタンを芯にしてまわりをたっぷりのフェザーで覆っている構造になっています。
これにより、座った時にゆっくり優しく体を包み込んでくれるような、ふかふかの感触となっています。
座クッションは、ポケットコイルの周りを硬質ウレタンと軟質ウレタンで包み、表面にフェザーを入れた、かなり厚みのある構造になっています。
しっかりとした安定感と反発力を持ちながらも、表面はふんわりとしている、独特の掛け心地を生み出します。

sofa_0058_06

カバーは全てカバーリングとなっており、チャックを開けて外すことができます。
ウォッシャブルの張地はご家庭で水洗いもできますし、ウォッシャブル以外の張地でもドライクリーニングに出せます。
また、カバーが痛んできたり、色に飽きてしまった時も、カバーのみで後々ご購入も可能ですので、比較的簡単に新品のカバーと交換できます。

sofa_0058_06_600px

肘掛はフラットで幅広の作りになっているので、読みかけの本を置いておいたり、飲み物を置いたりと、ちょっとしたサイドテーブル代わりにお使いいただくこともできます。
ライフスタイル的に大きなリビングテーブルが必要なかったり、お部屋のスペース的に置けない場合でも、ソファサイドにちょっとしたテーブルが欲しい時って意外と結構あるものです。
そんな時に、非常に役立ちます。

vol_0084_05_400px

さらに専用のSO-0081 オットマンを組み合わせれば、脚を伸ばしてカウチソファのように使うこともできますし、ご来客があった時などはスツール代わりにお使い頂けます。
ソファの利用の幅が格段に増えますので、スペースやご予算に余裕のあるお客様にはオットマンのご購入のご検討も強くおすすめいたします。
と、駆け足でご紹介いたしましたが、こちらのソファはシンプルなデザインながらとても見どころが沢山あるソファとなっております。

BRUNCH+SCでは断トツの一番人気のソファですが、BRUNCH全体で見ても1、2を争う人気ソファなのは間違いありません。

今現在ソファをお探しの方は、是非こちらのソファもその候補に入れて頂けますと幸いです。

 

eyecatch_1200px

さらに現在、BRUNCH全店で「選べる割引率キャンペーン」を絶賛開催中でございます。
今回ご紹介したソファだけでなく、アウトレット商品以外の全商品が対象の、大変お得なキャンペーンとなっております。

この機会に、気になった方は是非一度BRUNCH+SCにお試しにいらしてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>