あけましておめでとうございます~新年最初のおすすめソファご紹介~


あけましておめでとうございます。

東京・目黒通りでウォールナット材の家具を中心に扱うインテリアショップBRUNCH+SCです。

昨年は非常に多くのお客様にご愛顧賜りまして、誠にありがとうございました。
本年も家具と、家具をご購入頂いたお客様に末永く、真摯に向き合う家具屋として、より一層努力して参りますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、新年最初のブログはBRUNCH+SCおすすめの、大迫力のソファをご紹介致します。

・SO-0064 オーダーソファ sofa_0064_eyecatch_600px sofa_0064_05_600px 現在、BRUNCH+SCの2階上がってすぐのところに展示をしております、幅なんと3メートルの大迫力のソファです。

もちろん、お客様のご要望に合わせて、なんと1センチ単位でサイズオーダーが可能です。

展示品は、こちらのソファでお選び頂ける、本革の最高ランクの「オイルレザー」を張っています。

オイルレザーの説明はこちら

お選び頂ける革の種類も数種類あり、もちろん布のファブリックでお張りすることも可能です。

掛け心地は固めでしっかりとした感触です。
特に、新品でお家に来たばかりの頃は、人によってはその座面の固さに少しびっくりされるかもしれません。
しかしそれは、お使い頂き始めてから、2ヶ月から半年後の柔らかさを理想とし、目指したからです。

世の中に星の数ほどあるソファは、どんなに高額であれ、どれも必ず使っていけば少しづつ座面や背もたれのクッションが柔らかくなっていき、数年~数十年後にはつぶれてしまいます。
いわゆる「へたった」という状態です。
こちらのソファも、最初は張地が伸びて縮みます。
そこであえて、最初はかなり硬めの座り心地に設定しております。
使い始めて半年を過ぎると、その後はそれほど大きく変化せず、少しづつ柔らかくなっていきます。

また、「50年のお付き合い」をコンセプトとしたソファですので、非常に耐久力が高く、へたりも感じにくい作りとなっているソファです。 sofa_0064_03_600px 幅広、フラットな肘掛けは、ちょっとしたサイドテーブル替わりにお使い頂けます。
読みかけの本や、飲みかけの飲み物なんかは充分置いておけますので、もしリビングで大掛かりな作業をしないということであれば、別にリビングのテーブルをご用意頂く必要が無いと言っても過言ではありません。

sofa_0064_07_600px また、安価な本革ソファでありがちな、ソファの背面には本革でなく似た見た目の合皮を使っているというようなことも、もちろんありません。
壁付けに置くと全く見えなくなる背面の部分にも手を抜くことなく、同質の最高級オイルレザーを使っています。
広いお部屋の中心に置いて、背面がばっちり見えてしまう場合でも安心です。

 

非常に細かくサイズオーダーができ、高級感抜群のソファです。
また耐久力も非常に高く、安心して広く皆様におすすめ出来るソファです。

気になった方は、是非BRUNCH+SCまでお越しくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*