波間を進む船~おすすめリビングテーブル~


こんにちは。
東京目黒でウォールナット材の家具を扱うインテリアショップ、BRUNCH+SCです。

毎日徐々に暑い日が増えてきて、夏の足音がすぐそこに聞こえてくる季節になって参りました。
とはいえ毎日気温差が激しかったりするので、体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

さて、本日のブログはこちらのリビングテーブルをご紹介いたします。

・【TA-0314】リビングテーブル

table_0314_eyecatch_600px

table_0314_01_600px

table_0314_03_600px

何かインスピレーションを刺激されるデザインのこのテーブル、皆様は何に見えるでしょうか。

【波間を進む船】をイメージしてデザインされたこのリビングテーブルは、全体的にスッキリとした印象を与えてくれます。
奥行が比較的細く、横に長いサイズ感なので、ソファとテレビボードの間のスペースが少し狭めでも、無理なく置けることが多いです。

また、天板の下にはスノコ状になったスッキリとしたデザインの棚板が一段設けられておりますので、読みかけの新聞や雑誌、リモコンといった雑多なものを置いておけます。

 

table_0314_05_600px

天板は下側が中に削り込まれている、【船底面】になっています。
充分な部材の厚みを確保しながら見た目をスッキリ見せ、さらに船のイメージを強調する役割も果たしています。

脚はそれに合わせて有機的な形状のシャープなデザインのものをセレクトし、全体の印象をよりスッキリシャープなものに仕上げています。

 

table_0314_06_600px

天板は上から見ると長手方向の端の方に行くに従って丸く細くなる形状になっています。
船のような、サーフボードのような特徴的なデザインで、お部屋の良いアクセントとなってくれること間違いなしです。

また、この形状が、同じサイズの普通の長方形のデザインのリビングテーブルを置く場合と比べて、より空間をスッキリとしたものに見せてくれます。

 

table_0314_eyecatch_600px

ある程度大きめのサイズのリビングテーブルがあまり重要視されなくなってきた昨今、リビングテーブルの役割は、この商品のようにその特徴的なデザインで、お部屋にアクセントを加える役割に変化してきているととるのもあながち間違いではないのかもしれません。

そう考えると、このようなスペース的にも見た目の印象的にもスッキリとしており、特徴的なデザインも兼ね備えたリビングテーブルは、おすすめ出来る商品です。

気になった方は、是非店頭で一度ご覧になってみてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>