ガラス天板が涼しげで美しいローテーブル


こんにちは。
東京・目黒でウォールナット材の家具を扱うインテリアショップ、BRUNCH+SCです。

近頃は暑い日がかなり増えてきました。
30度に届く日もでてきたりして、もう夏ではないかと思う時もあります。

そんな中、今回のブログはこちらのローテーブルをご紹介いたします。

・【TA-0237】ローボード

table_0237_eyecatch_600px

table_0237_wn_01_600px

table_0237_03_600px

とてもシャープなデザインの木のフレームに、ガラスの天板を組み合わせた非常にスッキリとした印象のリビングテーブルです。
横幅を持たせて奥行を狭めた形なので、ソファとTVボードの間の空間を圧迫しにくいです。

table_0237_05_600px

 

ガラス天板は涼しげな印象を与えてくれるとともに、木で作ると面積がどうしても広くなってしまい、圧迫感が出ているようにとらえることも出来る天板の部分を軽やかに見せてくれます。

table_0237_09_600px

また、天板下の棚の部分は細い部材を並べたスノコ状の作りとなっており、こちらも軽やかさを感じるデザインとなっています。
小さなものは隙間から落ちてしまうので置けませんが、リビング周りで散らかりがちな雑誌や新聞、リモコン類などは十分に置いておけます。

table_0237_08_600px

 

軽やかな印象の天板と棚に合わせて、脚も細くシャープな作りで軽やかにしています。
また、下に行くほど細くなるテーパーと、付け根の部分のちょっとしたデザイン性が、シンプルな全体のデザインにアクセントを加えてくれます。

table_0237_eyecatch_600px

 

木とガラスという異素材を使用した素材感と、その軽やかでそれでいてまとまりのある全体のデザイン性が特徴のリビングテーブルです。

そこそこ物が置ける木製のリビングテーブルが欲しいけど、極力圧迫感や存在感は出したくないという方におすすめです。

気になった方は、ぜひ一度実際にご覧になってみてください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 お問い合わせはこちらまで。
--------------------
BRUNCH+SC
153-0064
東京都目黒区下目黒5-1-13みかん館1F/2F
tel/fax : 03-5721-0121
mail : sc@brunchone.com
--------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*