人気の樹種別オススメ天板4選!


こんにちは。

brunch+timeでは無垢の木の家具、とりわけ一枚板、ブックマッチ天板、耳付き接ぎ天板を主に取り扱っております。

_DSC3993_600px

本日はオススメの天板を一枚ずつ、人気の樹種別にご紹介いたします。

 

モンキーポッド

CMの「この木なんの木、気になる木」で有名な木、それがモンキーポッドです。南米産のこの木は、辺材(白太)と心材(赤身)の色の差が強く、ダイナミックな木目が楽しめる、現在非常に人気のある天板となります。
色のコントラストが強いその木目は、「コーヒーにクリームをたらして軽くかき混ぜたよう」と形容される特徴的な木目を持っています。重厚で、迫力のある木目は高級感すら感じさせてくれます。お部屋に置いた時に雰囲気をがらりと変えてくれる、力のある一枚板天板です。

table_0582_07_600px

TA-0582 ¥356,435
モンキーポッド一枚板(天板のみ W1810/D900~960)

ダイナミックな迫力が特徴のモンキーポッド一枚板ですが、この天板もとても存在感のあるダイニングテーブルが作れる一枚です。1810mmの幅(W)、奥行き(D)は900-960mmでとても選ばれている天板サイズとなります。

基本的に一枚板は店頭にあるものをお客様に直接見ていただき、その板自体をお買い上げいただくので、ご希望のサイズにめぐり逢えれば良いですが、ここのサイズがもう少しこうだったら、などとピッタリのサイズをお選びいただくのが難しい時もあります。

table_0582_03_600px

その点この一枚板は、既製品に多くみられるサイズ構成の奇跡のような一枚板ですので、このサイズで探されている方も多いのではないかと思います。すべて現品限りの早いもの勝ちですので、めぐり遭ってしまったお客様はぜひ、お早めにご検討ください。

 

ブラックウォールナット

推しも推されぬ高級家具用材として有名なウォールナット材がこちらです。高級家具用材としての歴史も古く、世界三大銘木に数えられます。その絶対量は減少しているのは間違いなく、現在はもちろん、将来的にも非常に貴重な樹種となることでしょう。そんなウォールナット材の天板でダイニングテーブルを作るという喜びは何物にも代え難く、大満足なダイニングセットが手に入ります。しっとりとした質感で決して派手ではないものの、お部屋の主役級の存在感を醸し出します。

table_0460_09_600px

TA-0460 ¥423,360
ブラックウォールナットブックマッチ(天板のみ W1800/D910~960)

スライスして隣り合った2枚の板で、両方とも反りも割れもなく綺麗に乾燥されたもののみが流通していくブックマッチ天板ですが、一枚板よりも必要な太さが細い分、多少お求めやすくなっています。

table_0460_08_600px

ウォールナットが誇る、唯一無二の高級感とブックマッチ天板としての中心のスリット部分が都会的なスタイリッシュさを感じさせ、近代的なデザインのお部屋にもしっかりと馴染んでくれる魅力溢れる板です。W1800のこのダイニングテーブルを囲む素敵な時間を堪能してください。

 

ブラックチェリー

入荷から数年経過している展示品をご覧になって、いざお客様のご自宅へご納品させていただいたらその違いにびっくりする樹種NO.1、それがブラックチェリーです。これほどまでに色の変化が大きい樹種もなかなかないでしょう。
製作した直後は明るい薄紅色ですが、どんどんと赤褐色に変化していきます。深く濃い色味で味わいがみるみる増していく様が実感出来る、非常に楽しみのある天板が作れます。

ちなみに、フルーツのアメリカンチェリーの木がブラックチェリー材となります。太く育つ木ではないので、基本的には接ぎ天板となります。

table_0475_09_600px

TA-0475 ¥423,360
ブラックチェリーブックマッチ(天板のみ W1800/D840~880)

ブラックチェリー材のブックマッチ天板です。太く大きな木材が摂れにくいこの木のテーブルは、大きくても3〜5枚を接いでダイニングテーブル天板になることが多い中、2枚だけのブックマッチ天板が作れるのは非常に贅沢です。

table_0475_08_600px

表面にみられる黒い斑点模様は入り皮(いりかわ)と呼ばれるもので、外皮を巻き込みながら大きくなっていくブラックチェリー材の特徴ですが、この天板は入り皮も少なくとても綺麗な木目です。経年変化で味わいをどんどんと増していく、育てる楽しみがあるブックマッチ天板です。

 

トチ

国産家具用材として古い歴史があり、高い人気の一枚板天板がトチです。

トチはまっすぐと伸びる木ではなく、ウネリながら、時にねじれながら成長していくので、木目が非常に個性的な天板になります。
「トチの木の、この天板」と、指名されることが多い天板で、一度惚れたらなかなか忘れる事のできない魅力があります。

木には特定の木目のことを杢(モク)と呼び、特有の価値がつくことがありますが、トチにはリップルマークという杢が入ることがあります。オーロラや、ホログラムのように立体的にきらきらと煌めく木目は、他の樹種に決めてご来店いただいたお客様の気が変わってしまう程。写真では伝わらない、実際にご覧になっていただきたい美しさです。

table_0528_07_600px

TA-0528 ¥550,855
栃(トチ)一枚板(天板のみ W2135/D875~980)

W2135mmと大きな天板で、小さなチェアと合わせて使うのであれば6名様でも可能な迫力の一枚板です。他の樹種にはみられないほど入り組んだ木目で、絹のような緻密な木質と黄金色の光沢はいつまでたっても飽きません。トチの木特有の杢、リップルマークが随所にみられ、トチの魅力を余す事なく味わえます。

table_0528_05_600px

耳の形が特に秀逸で光に反射して浮かび上がる山の稜線を思わせる形はいつまでも撫でていたくなる質感です。

こちらでご紹介した4枚の天板はもちろん、その他さまざまなサイズと樹種でみなさまのご来店を心よりお待ちしております。(すべての板はこちら→brunch+timeでもご案内しております)

お近くまでお越しの際はどうぞ、一度お立ち寄りくださいませ。 

brunch+time
東京都目黒区目黒4-11-4 1F/2F
03-3714-3767
time@brunchone.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>