選べるおしゃれな鉄脚と一枚板


一枚板天板を主に取り扱っております、brunch+timeです。

P170623

無垢材の家具は、間近にみて、ふれてみると手から感じる存在感がとても大きく感じられるかと思いますが、とりわけお部屋の中心に位置する一枚板の天板は、迫力のある、「主役級の家具」と呼べるものだと思います。

 

table_0437_06_600px[1]

 

一枚板のダイニングテーブルをお選びになる際に、その存在感が大きすぎるのではないか、と心配されるお客様がいらっしゃいます。

 

brunch+timeでは、鉄製の脚や、木製の脚など、たくさんの種類の中からテーブル用の脚をお選びいただけます。

 

では選べる脚の一覧をみてみましょう。

legs

お選びになる一枚板のサイズや、お使いいただく生活スタイルによっていくつかのタイプに絞り込まれてはきますが、ざっとご紹介できるものでもこれだけの脚の種類がございます。

 

この中で、鉄脚タイプのものをいくつかご紹介いたします。

xx_0015_01_400px

まずはこちらの脚です。

金属製ならではの細いラインがとても美しい鉄脚です。自立するタイプの鉄脚なので、必ずしも天板に固定する必要はございませんが、安定感を重要視するのであれば固定することも可能です。

 

_DSC6150_600px

 

 

 

また、こちらのように、スリムなタイプもございます。

xx_0016_01_400px

こちらは天板に固定するタイプのものとなります。

スリムな鉄脚ですので、天板のサイズが比較的小さめであっても、チェアの数を増やしたり、大きめなものを選ぶことも可能です。

 

 

そして人気の高い鉄脚がこちら。

xx_0014_01_400px

鉄製の四本脚です。

板状の脚が、見る確度によって表情を変え、非常にスタイリッシュな佇まいで軽やかに天板を支えます。

自立し天板を乗せるだけでご使用いただけるタイプですので一枚板に固定用の穴などをあけたくない方にもおすすめできます。四本の脚が連結されているので、安定感は抜群の鉄脚となります。サイズをオーダーし、さまざまなサイズの一枚板にあわせることができるのも、この脚の特徴で、非常に人気の高い鉄脚です。

table_0554_03_600px

 

 

少し変わり種の鉄脚はこちらをどうぞ。

xx_0017_01_400px

 

ロの字とコの字を組み合わせたような脚で、木製ではなかなか難しい薄さと安定感のある鉄脚です。

 

vol_0094_02_400px[1]

こちら、ご納品したお客様のご自宅ですが、スタイリッシュで軽やかな洗練された印象のお部屋になっています。

 

重々しい重厚感が不安な方も、こちらの写真をご覧いただければその不安も少しは軽減されるでしょうか。

 

色はブラックも選べますので、また違った印象のシャープなダイニングセットを作ることも可能です。

 

 

そして、安定の鉄脚、こちらです。

xx_0018_01_600px

四角い柱状の鉄脚です。

こちらは天板に固定するタイプの脚となります。

定番の四本脚は、お誕生日席も問題なく使用でき、ビジュアル的にも非常に安定したテーブルが作れます。

奇をてらうこと無くスタンダードで質実剛健とした、しっかりしたダイニングテーブルをお探しならこちらの角柱脚はイメージに近いかもしれません。

 

 

 

これらのように、無垢の木の家具を代表するような一枚板のテーブルですが、異素材である金属と組み合わせることによって非常に振り幅の広いコーディネートが楽しめるのはしっかりした天板あってこそと言えるでしょう。

さまざまな組み合わせが実際にご覧いただけますので、ぜひお近くまでお越しの際にはbrunch+timeまでお立ち寄りください。

只今、お得な一枚板フェアを開催中です。

ichimaiitafair2017A_1200_1200px
↑くわしくはクリック

この機会にぜひ、無垢の家具、一枚板をご覧にご来店ください!

さらにお得なダイニングセット割りもやっています!

eyecatch_jngf_1200px
↑くわしくはクリック 

brunch+time
東京都目黒区目黒4-11-4 1F/2F
03-3714-3767
time@brunchone.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>