「耳付きテーブル」ってなんだろう?


こんにちは。
一枚板のテーブルをメインに無垢家具を取り扱っている東京・目黒のインテリアショップ、brunch+time(ブランチ プラス タイム)です。

_DSC6150_600px

当店で扱っているテーブルは他のテーブルと違い、
」と呼ばれる、ある部分がついています。

table_0356_01_400px

この側面部分が「」です。
丸太の皮を剥いだ一番外側の部分のことを指します。

table_0527_06_600px

木の形をそのまま残していますので、
もちろんひとつひとつシルエットや表情に違いがあります。

table_0564_06_600px

_DSC2906_600px

そして耳の横の白い部分。
ここは「白太(しらた)」と呼びます。

この白太は木の中で一番若い部分で、まだ色の変化が進んでおらず
中心部分との色に差が出ています。
ちなみにこの白太はすべての木材にあるのですが、
木の種類によって中心部分との色の差が異なるため、
はっきりと分かるものもあれば、ほとんど分からないものもあります。

table_0480_06_600px[1]

モンキーポッドは明確に分かりますね。
濃淡の出方がとてもいいアクセントになりますし、
いかにも一枚板っぽさが伝わります。

_DSC0921_600px

トチの木はほとんどわかりません。
代わりに、不規則な成長をすることが多いため、
個性的な耳のシルエットになることが多く、いいアクセントになっています。

この耳と白太の有無によってテーブルの雰囲気はぐっと変わります。

table_0231_wn_03_600px

table_0267_01_400px

table_0231_wn_01_400px

table_0267_06_400px

より無垢材としての力強さや重厚感を感じますね。

ただこれだと少し野暮ったいかな…と感じる場合は、
テーブルの脚を鉄に変えると、またモダンな雰囲気に変わります。

table_0602_06_600px

table_0587_03_600px

table_0565_02_600px-thumbnail2

ashi-1

ashi-2

ちなみに「」と「白太」は丸太の外側からしか採れないため採取量が少なく
またとても柔らかい部分なので、

・木として生えているときに虫が付きやすい
・加工の際に崩れてしまう

といった難点があります。

そのため家具になる耳部分はとても希少で、
耳付き」というだけで、特別な価値があります。

10173724_661040217297370_1702196161_n

10152424_661040233964035_697161853_n

耳部分が綺麗に残るように、乾燥中に表皮を剥がしておきます。

このように「耳付き」テーブルは、一般的なテーブルと比べ
雰囲気も価値も違う部分があります。
もちろん好みによって耳の有無は変わりますが、
もしまだ耳付きテーブルをご覧になっていない方は
どうぞこの機会に実際にご覧頂ければと思います。

ただいまお買い得なフェア(→詳細はこちら)も開催中ですので、
今週末はどうぞBRUNCH各店で家具選びをお楽しみください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。 

brunch+time
東京都目黒区目黒4-11-4 1F/2F
03-3714-3767
time@brunchone.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*