チーク古材を取り入れたコーディネートをご紹介!


皆様こんにちは。
目黒で本革ソファをメインに取り扱っているインテリアショップBRUNCH+WORKSです。
本日もBRUNCH+WORKSは19時まで元気にオープンしておりますので、お散歩がてらぜひお立ち寄り下さいませ。

BRUNCH+WORKSでは上質な本革を使用した様々な種類のソファを取り扱っております。
本革ソファをお探しのかたはぜひこちらのページをご覧下さい。

皆様は「チーク古材」という木材をご存知ですか?

世界3大銘木に数えられ、古くから世界的な人気もつ「チーク材」。

「チーク材」は堅く、狂いが起きにくく、海水にも強く、虫にも強いという万能な性質をもち、
「黄金色」とも称される美しい木肌をもつことから、
多くの船の甲板や列車の内装、建造物、家具に至るまで、
非常に幅広い用途で使われ続けてきました。

※代表されるものでは豪華客船クイーンエリザベス2号やオリエント急行など。

そういった船や建造物に使われていたチーク材。

その後何十年という時を経て、
その船などが解体されたときに取れたチーク材をチーク古材といいます。

BRUNCH+WORKSではそんな「チーク古材」を使用したダイニングテーブルをメインに扱っております。

長い歴史の刻まれたチーク古材を使用したダイニングーブルには、
新しいものにはない「趣」「味」があります。

ただ個性が強いだけに「チーク古材の雰囲気は好きだけど、何をあわせたらいいか分からない」と不安になる方もいるかもしれません。

ですがご安心下さい。
チーク古材は「どんなテイストに組み合わせても合う」のがすごいところなんです。

本日は実際にチーク古材に様々なテイストのチェアを組み合わせてみましたのでご紹介いたします。

また床の色を「濃い床」と「明るい床」の2パターンに分類してみましたので、
そのご注目下さい。

まずはこちら。

『古材×ナチュラル』

●濃い床の場合

image6

「チーク古材」のダイニングテーブルに「ホワイトオーク」という明るい色味のチェアを合わせ、反対側にはチーク古材のベンチを置いたナチュラルなコーディネート。

チーク古材は比較的明るめな色味をしているので、
同じくらいの色味のホワイトオークなどと相性がいいですね。

●明るい床の場合

image3

image5

続いて全くの同じセットを明るい床の上に置いてみました。
これだけ明るい色で統一しても、
可愛すぎにならないところもチーク材のいいところですね。

 

『チーク古材×モダン』

●濃い床の場合

image3

ほっこりと優しい雰囲気をもつチーク古材に、
パキッとモダンなデザインのチェアをあわせる。

個人的には一番好みな組み合わせです。

一見、相対するデザインにもみえますが、
合わせてみると見事にマッチしています。

 

●明るい床の場合

image7

 

全体的に明るい空間に置いたことでチェアの存在が浮いてしまいそうですが、
古材のテーブルがバランスをとってくれていますね。

『チーク古材×はりぐるみ』

●濃い床の場合

image4

チーク古材のテーブルにあわせるチェアというと、
伝統的なウィンザースタイルで板座のチェアなどを思い浮かべる方が多いかと思いますが、
写真のような張ぐるみタイプのチェアも非常に相性がいいです。

ぐっとカフェ間が高まりましたね。

 

●明るい床の場合

image1

明るい色の床、明るい色の木に明るい色の張地と、
明るい色味で統一したコーディネートとなっておりますが、
どこか落ち着きが感じられるのはチーク古材のおかげかもしれません。
いかがでしたでしょうか。

以上のように様々なテイストの家具、空間にもチーク古材はうまく溶け込んでくれますので、
古材やヴィンテージなどの家具で統一しなくても素敵なお部屋をつくることが出来ます。

ぜひチーク古材をお部屋のコーディネートに取り入れてみませんか?

今回のコーディネートに使われた家具はBRUNCH+WORKSに展示がございますので、
ぜひ一度、店頭にてご覧くださいませ。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。————————————-
BRUNCH+WORKS
works@brunchone.com
東京都目黒区下目黒5-19-15 1F
Tel/Fax 03-3760-9677
http://www.brunchone.com/brunch-works/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*