秋の新入荷!キルティングが目を引くゆったりソファ


横浜港北ニュータウンで無垢材家具を中心に取り扱っております、BRUNCH+Yokohamaです。

いよいよ10月に入り、日々寒くなっていきますね。
昨晩はほどよく寒く、ほどよく雲が出ていて中秋の名月を眺めるにはとてもよい夜でした。
そろそろ鍋が恋しいです。

9766170c9d70eed0c3a87587f7f9b6ef_s

 

さて、横浜店の秋の新入荷にさらに追加商品です!
brunch+oneで人気を博すソファが、サイズの新バリエーションを加えて展示開始しています。

SO-0071 フルカバーリングソファ
sofa_0071_eyecatch_600px

 

こちらです。
座面のキルティングとアルミダイカストの脚が目を引き、横浜店では久しぶりの展示となるフルカバーリングタイプ。
写真はかなり大き目のサイズですが、非常にバリエーションが豊富ですので詳しくご紹介いたします。

 

<特徴その①>目を引くキルティング

IMG_5906

まずご紹介するのは、ひときわ目を引く座面のキルティングです。
内部にはヘタリにくいセファロン綿という綿を使用していますので、長い間の使用でも綺麗な状態を保ってくれます
シンプルなデザインのソファですが、このキルティングがあることでお部屋での存在感も増し、何といっても寝転んだ時にとても気持ちが良いです。

 

<特徴その②>ポイントとなる脚

IMG_5904

次にご紹介するのは、こちらも目を引くアルミダイカストを使った金属脚です。
マットな質感の表面は品があり、高級感が漂います。
ソファのポイントとしてはもちろん、お部屋全体のポイントとして、あるいは敢えての「はずし」として活躍してくれると思います。
また、この他に木製の脚もございます。>>IMG_5909 2

 

<特徴その③>内部構造に拘りあり

デザインだけでなく、内部構造にも他のソファにないこだわりが詰まっています。座面の内部にウェービングベルトという伸縮性のあるベルトを張っているのですが、これだけでは普通のソファと変わりません。
違いは張り方にあります

これが通常のソファのウェービングベルトの張り方です。
hari1

このように縦、横に十字に貼るのが一般的です。
そしてSO-0071の張り方がこちら ↓↓
hari2

一般的な十字ではなく斜め十字に張っています。
こうすることでそれぞれのベルトの長さを短くでき、ヘタリが起きにくく長く掛け心地を維持することができるのです。

 

<特徴その④>寝るためのソファ

IMG_5909

今やソファは座るためのものではなく、寝るためのものと言っても過言ではありません。
そのためにこのソファは座面をすべてフラットに作られています
ソファに合わせて座るのではなく、シート上で自分の好きなポジションを作り、時には寝転がったりタブレットをいじったりと非常に自由な使い方ができるのです。

背のクッションを抜いた座面の奥行は約70cmと狭めのシングルベッドぐらいの幅があります。
お家に遊びにきたお客様が急に泊まっていく事になっても、十分対応できるサイズ感です。

 

<特徴その⑤>豊富なサイズバリエーション

展示サイズの全長はW2800×D2340とかなり大きめですが、組み合わせによって様々な形、サイズを選んでいただけます。

繝輔Μ繝シ繧ソ繧吶Β繧ス繝輔ぃ繧ウ繝ウ繝帙z繧キ繧吶す繝ァ繝ウ繝輔z繝ゥ繝ウ

以上はほんの一例です。
とにかく大きいソファをお探しならアームレスソファを組み合わせることで、いくらでも大きく展開することもできますし、小さめをご希望なら両肘のストレートソファにオットマンだけというのもアリです。

お部屋に合った、使い方に合った組み合わせをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

また、このソファの魅力を最大に感じて頂けるのは腰掛けた瞬間だと思いますので、皆様のご来店をお待ちしております。

 

 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
横浜でみつける。無垢材の家具。
*BRUNCH横浜港北店*
〒224-0065
横浜市都筑区高山1-37 グランコスデル1F
Tel/Fax: 045-532-6198
E-mail:yokohama@brunchone.com
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>