形が似ているダイニングテーブルは何が違うの?-Part①-


みなさま、こんにちは。
目黒通りで無垢材家具を取り扱うインテリアショップBRUNCHです。

ナラ、タモ、ブナ材など明るい色味の樹種を中心に、
ナチュラル&カラフルなインテリアをご提案しております。

みなさんは家具を選ぶ際、
「この商品と、この商品は何が違うんだろう?」と思われたことはありませんか?

もちろん「テーブル、ソファ、チェア」など異なるカテゴリーの家具の違いはわかるかと思いますが、
「テーブルとテーブル」など同じカテゴリー同士の家具はなかなか違いが分からないものですよね。

特にダイニングテーブルに関しては、
ソファやチェアのように特徴がはっきりと表に出る家具ではありませんので、
「どれも似たり寄ったり」に見えてしまっても仕方ないかもしれません。

そこで本日はBRUNCHで展示しているダイニングテーブル
形状の近いもので分類し、 その商品ごとの違いをご紹介したいと思います!

まずBRUNCHで現在展示しているダイニングテーブル一覧はこちらです。
BRUNCHで取り扱っている商品一覧はこちらからご覧いただけます。
※2017年6月14日現在の情報です。
無題
無題2

 

こちらのダイニングテーブルを似た形状で分類しますと、、

無題3
こちらの4本脚のグループと…

 

無題4
こちらの2本脚のグループに分かれます!

円テーブルとカフェテーブルの違いはわかりやすいかと思いますので今回は省略します。

【TA-0008】【TA-0215】【TA-0474】の違いー

①天板の厚み(天厚)

無題5
【TA-0008】は天厚が38mmなのに対し、
【TA-0215】【TA-0474】の天厚は27mmとなっています。

たった11mm差。と思われるかもしれませんが、
この差が以下のような違いを生み出します。

■見た目の存在感・・・やはり天厚の厚い方が存在感と迫力がでます。
ただ裏を返せば薄い方が圧迫感が少ないとも言えます。

■価格・・・天厚は価格に大きく影響しています。
一概には言えませんが天厚の厚いものの方が価格は高くなることが多いです。

 

②幕板の有無

無題8

幕板とは脚と脚の間をつなぐ補強板のことをいいます。天板の下にある板のことですね。
幕板があることで天板がたわむ可能性などを抑え、
横揺れにも強くすることができます。

【TA-0008】には幕板がなく、【TA-0215】【TA-0474】には幕板がついています。

なぜ【TA-0008】には幕板がなくていいのかを説明すると少し長くなってしまうのでここでは割愛させていただきますが、
幕板が無いことで強度的に劣るということはございませんのでご安心ください。

では幕板の有無によって使い勝手にどのような差がでるのかといいますと…

■アーム(肘かけ)チェアをしまいこめる・・・幕板がないとほとんどのアームチェアをテーブルの下にしまいこめますが、幕板があるとアームがぶつかってしまう場合があります。

■足を組みやすい・・・幕板がないとチェアの座面からテーブルの天板までの空間が広くなりますので足を組んだりといった動作が比較的しやすくなります。

 

③+αの仕様

【TA-0008】は面形状や脚の形状を選べる

無題9

【TA-0008】6種類の面形状、3種類の脚形状からお好きな組み合わせをお選びいただけます。
組み合わせによって様々なテイストにあわせることが可能です。

【TA-0474】は引き出し付き
table_0474_08_400px
【TA-0474】幕板に引き出しが付けられています。
引き出しがあることでカトラリーやお子様の勉強道具などをしまうことができます。

※当店の家具は受注生産品ですので、ご希望を頂ければ特注で面形状を変えたり、
引き出しをつけたりなどの仕様変更をすることも出来ます。
ご希望がございましたらお気軽にご相談ください。

【TA-0008】【TA-0215】【TA-0474】の違いはこんなところです!

かなり長くなってしまったので、
2本脚グループの違いについては次回にしたいと思います。

ダイニングテーブルをお探しの方はご参考にしていただけると幸いです。

それではまた次回をお楽しみに!

 *お問い合わせはこちらまで*

BRUNCH
目黒区下目黒5-18-20
tel/fax: 03-5773-8299
E-mail: brunch@brunchone.com
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし(夏季休業、年末年始を除く)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>