BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

COLUMN

TOP>COLUMN>家具の仕上げについて

家具の仕上げ塗装について

木の家具は仕上げ塗装によってお手入れ方法などが異なります。どういった仕上げの方法があるのか、それぞれどのような特徴があるのか、ご一緒に見ていきましょう。

ウレタン仕上げ

家具の表面に硬いポリウレタン系の合成樹脂塗料で塗膜を張る仕上げ塗装です。オイル仕上げに比べ塗面の強度が高く、耐水性にも優れており、お手入れは日常の乾拭き・水拭きのみで済むというお手軽さが魅力です。

オイル仕上げに比べて、表面はツルっとしたさわり心地で、多少光沢感が出ます。水分によるシミを気にする必要がありませんが、傷は一度ついてしまうとご家庭では直すことができないので注意が必要です。

オイル仕上げ

家具の表面に家具用のオイルもしくはワックスを塗って仕上げる方法です。使い込むほどに「木」本来の光沢が増し、味わい深い風合いになっていきます。木の質感や経年変化を楽しんでいただける仕上げ塗装です。

オイル仕上げの長所

ウレタン仕上げと異なり、家具の表面に塗膜を張りませんので、手ざわりは木そのものの質感・風合いをお楽しみいただけます。日常生活で生じてしまっ傷やシミを、ご家庭でメンテナンスができます。

オイル仕上げの注意点
  • 濡れたコップや食器を長時間そのまま置いておくと、シミになってしまいます。食べ物や水分をこぼしてしまった場合にはすぐに拭き取ってください。
  • 熱いものを直接置くと、痕がついてしまうことがあります。鍋敷きやコースターなどを使用してください。
  • 冷暖房の直接あたる場所を避けてください。乾燥する季節を迎える前に家具用のオイルまたは、ワックスをご使用いただくと、しっとりとした質感が長持ちします。お手入れは春と秋、年2回程度がおすすめです。