BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

お客様サポート

TOP>お客様サポート>家具のお手入れ>無垢材家具のキズや染みのお手入れ

オイル仕上げの無垢材家具、キズや染みのお手入れ方法について

日々の暮らしの中で必ず生じてしまうキズや染み汚れ。家具をきれいに保ってあげるためにも、ぜひお手入れ方法を身につけましょう!(※ウレタン仕上げの家具には下記のお手入れをおこなえませんので、ご注意ください)

用意するもの
  • サンドペーパー#100~#120(キズや染みを削る用)
  • サンドペーパー#240~#400(仕上げ用)※もしなければ、#100~#120だけでかまいません
  • 家具用オイル
  • タオル、ウエス(使い古しのTシャツや柔らかい布巾でもかまいません)

お手入れ方法の手順

Step 1:汚れを取る

乾いたウエスやタオルで、表面のホコリや汚れをサッと拭き取ります。

Step 2:#100~#120で削る

まずは100番~120番のサンドペーパーで、キズの部分を軽く削り始めます。キズの部分だけ削り過ぎてへこまないように注意しながら、木目に沿って削ります。

Step 3:#240~#400で削る

キズや染みが見えなくなったら、より細かい240番~400番のサンドペーパーで仕上げます。

Step 4:削った箇所の状態を確認する

キズや染みが直ったかどうか、固く絞った布巾などで水拭きをして確かめます(水拭きをして濡れた状態が、オイルを塗って仕上げた時と同じ状態です)。

Step 5:オイルを塗る

キズや染みが直ったら、次はオイル(またはワックス)を塗ります。きれいなウエスにオイルをつけて、ムラにならないように、一箇所を集中して塗らずに全体に塗り広げます(多すぎず、少なすぎず。キズ染みの周り全体がしっとりするくらいの量です)。

削った部分がまだ白く見える場合は、オイルが十分ではない証です。さらにオイルを重ね塗りしてなじませます。

Step 6:乾拭きする

仕上げに乾いたきれいなウエスで、余分なオイルを木目に沿って拭き取ります。乾拭きした後はベタつきがなくなるまで、しばらく乾燥させましょう。可能であれば一晩乾かすことをおすすめします。

手でさわってみて、ベタつきがなくなっていれば完了です!

ただいまのアウトレット
数量限定の特別価格商品など、欲しかったあの商品をお買い得に手に入れるチャンスです!
新春 一枚板フェア
「万全のアフターサポート・保証」「フェア限定の割り引き特典」