BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

コーディネート例

TOP>コーディネート例>私が選ぶ理想のお部屋、インテリアコーディネート>Vol.02

Vol.02:BRUNCHスタッフ インテリアコーディネート

部屋の広さ
11畳
部屋の特徴
オーソドックスなT字型のリビング・ダイニング
コンセプト
2種類の樹(樹種)の家具を取り入れたコーディネートにしました。メープルとナラ。明るい色の樹(樹種)がある空間で、気持ちもリフレッシュ。いつ帰っても居心地よくすごせるお部屋をイメージしました
コーディネーター
brunch+one(目黒店) Chie Okada
家は1日をリセットし、気持ちをリフレッシュさせるための大切な場所。色と配置を工夫することで、居心地よい空間をつくることができます
色を
気分をリセットさせる効果のある「白」を意識して、メインの家具はメープルを選びました。また、小物には好きな「ブルー」の色を取り入れています。毎日の暮らしに好きな色があれば、それだけで日常がより居心地がよいものになります。
配置を
居心地がよい空間には、家の中でのすごし方を意識した家具の配置が必要です。今回はまずテレビボードの配置を1番最初に決めて、そこから全体の家具の配置を決めていきました。

平面図の拡大版をみる

家族とすごす時間。1人ですごす時間。どんな時も居心地よく。気持ちをリフレッシュさせ、毎日を前向きにすごせる部屋

毎日過ごす場所だからこそ、いつ帰っても居心地良く、気持ちをリフレッシュできる空間。それが「私が考える理想のお部屋」です。

今回、私が理想の部屋づくりのためにこだわったことは、「色」と「配置」です。気持ちをリセットさせる効果のある「白」を取り入れるために、家具はメープルとナラの明るい樹(樹種)を使用しました。あえて2種類の樹(樹種)を使うことで、ぼんやりした印象になりすぎないようにしています。また、小物は1番好きな「ブルー」を使っています。クッションや椅子の座面が好きな色だったらそれだけで嬉しい。気分も上向きになります。

家具の配置はテレビボードを1番最初に考え、ダイニングからも、ソファからもテレビが見えるようにしました。家族でテーブルを囲む時も、ソファで1人の時間をすごす時も、必ずテレビが見える配置です。ダイニングテーブルには回遊動線を確保して、お子様もお手伝いがしやすいような空間にしました。

コーディネートのチェックポイント

Point 1:メープル×ナラ。異樹種を組み合わせるのがおすすめ

全体的に明るい色の家具でまとめる時は、異樹種を組み合わせるのがおすすめです。今回はメインの家具(ダイニングテーブル、ソファ、テレビボード)にメープルを。アクセント(チェア、シェルフ、リビングテーブル)にナラを使用しました。柔らかい木目のメープルに、無垢材らしい木目のナラを合わせることで、ぼんやりした印象になりすぎず、ほどよいメリハリ感を出すことができます。

Point 2:テレビボードから家具の配置を考える

家の中で一番人がよく集まり、一番長い時間を寛げる場所は、テレビの前ではないでしょうか。実際、私が家族と話をしたり、ゆっくりする場所もやはりテレビの前です。家具の置き方で迷ったら、テレビボードの位置を最初に考えることがおすすめです。コンセントの位置にもよりますが、壁面の一番広い場所にテレビボードを置くと、その他の家具の置き方も決めやすくなります。

家族とダイニングテーブルを囲み、食事をしながらテレビを見る。リビングのソファで、のんびりしながら好きな映画を見る。今回はそんな日常をイメージして、どこからでもテレビが見える配置です。

Point 3:回遊動線をつくって、お子様もお手伝いしやすい空間に

ダイニングテーブルは、人が通れるように壁から離して配置しました。お皿を収納しているシェルフの位置を考慮し、あえて回遊動線をつくっています。毎日の食事の準備をスムーズに、お子様がいるご家庭はお手伝いがしやすいようにと、この配置を考えました。

Point 4:木枠フレームのソファで、お部屋での存在感を軽やかに

お部屋の中心にソファを配置する場合は、木枠フレームのソファがおすすめです。お部屋の真ん中にソファを置くと、どうしても圧迫感を出てしまいがちですが、木枠フレームのソファを選べば、お部屋の中における存在感も軽やかになります

また、今回使用したソファのクッションは置き型クッションで、かつカバーリング仕様です。カバーの取り外しが可能なので、中身のクッションを干したり、カバーを洗ったりとお手入れがしやすいことも魅力です。

Point 5:アクセントカラーを一色に絞る

今回は椅子の張り地やクッション、テーブル小物にブルーを使用しました。多くの色を組み合わせたコーディネートは、外国のお家のようで憧れますが、やはり実際はなかなか難しいものです。

小物の色使いで迷った時は、アクセントカラーを一色に絞るのがおすすめです。私が今回ブルーを選んだ理由は、「一番好きな色」だからです。ぜひ、好きな色を取り入れてみてください。きっと小物選びが楽しくなりますよ。

Point 6:お部屋にいるだけで、気分をリフレッシュ

「白」は、まっさらな状態に戻してリセットするという意味あいを持つ色です。気持ちをリセットしたい場合や、新しい事をスタートさせる時などは、白色のインテリアがおすすめです。

今回は、メープル材、ナラ材の家具で明るい空間をつくり、お部屋にいるだけで気分をリフレッシュできる、そんなコーディネートにしました。いつ帰っても心地よく、気持ちも前向きに過ごせることが「私が考える理想のお部屋」です。

関連商品のご紹介

今回のコーディネート例、Vol.02で使用した商品をご紹介いたします。

TA-0010-MP
優しさのある丸み オーダーダイニングテーブル(ハードメープル無垢材)
¥129,384¥283,392(税込み)

シンプルな形のダイニングテーブル。丸みがある天板と角がない脚なので、小さなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。仕上げはオイルとウレタンから選択可能です。私がおすすめする仕上げは、メンテナンしながらずっと綺麗に使い続けることができるオイル仕上げです。

CH-0025-NR
サイドチェア(ナラ材)
¥53,784¥67,824(税込み)

今回はbrunch+oneで一番人気のダイニングチェアを選びました。村澤一晃デザインのチェアです。丸みがある形でダイニングテーブルとの相性も抜群です。好きな張地を選ぶのも椅子選びの楽しみのひとつ。ファブリックから革まで多数ご用意しておりますので、ぜひお好きな色で、自分だけの椅子を作ってみてください。

SO-0046
まるく仕上げたフレームが柔らかなデザインの木枠ソファ
¥129,168¥482,544(税込み)

こちらもダイニングチェアと同じく村澤一晃デザインのソファです。丸みある木枠フレームと綺麗な後ろ姿が印象的です。ご自宅で気軽にお洗濯できる張地もご用意しております。お手入れが簡単にできるカバーリングのクッションを使用したソファはおすすめです。

CA-0091
扉を閉めたままリモコン操作ができるテレビボード
¥115,430¥355,555(税込み)

壁面が広い場所に置くテレビボードは、シンプルな形を選びました。扉は木の薄いシートを貼ったガラスを採用しているため、扉を閉じたままでもリモコン操作がおこなえます。可動式の棚板が付いているので、収納するものによって高さを調整することができます。

CH-0039
ラウンジチェア
¥63,288¥111,456(税込み)

窓際でゆっくり寛ぐために、このラウンジチェアを選びました。今回使用したダイニングチェアのデザインはそのままに、形をリビング用に作り替えたお椅子です。座面はより広く、背の傾斜をつけた仕様に変えているので、ゆったりと座ることができます。お部屋で過ごす時間をより充実させるために、一脚は欲しいラウンジチェアです。

ただいまのアウトレット
数量限定の特別価格商品など、欲しかったあの商品をお買い得に手に入れるチャンスです!
新春 一枚板フェア
「万全のアフターサポート・保証」「フェア限定の割り引き特典」