BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

コーディネート例

TOP>コーディネート例>私が選ぶ理想のお部屋、インテリアコーディネート>Vol.03

Vol.03:BRUNCHスタッフ インテリアコーディネート

部屋の広さ
27畳
部屋の特徴
大きな開口部がある開放的なリビングダイニング
コンセプト
深い色合いのウォールナット材で家具を揃えて高級感を持たせつつ、素材・色・小物で所々変化をつけ、肩肘が張らない安らぎある空間を目指しました
コーディネーター
BRUNCH+SC(目黒店) Kaori Yamashiro ※BRUNCH横浜港北店に転属いたしました
明るく開放的で広いお部屋。寂しい印象にならないよう、ボリューム感がある「主役」の家具と、脇を固める小物で変化を
主役を
これから長い時間をともにする家具。自分らしさにとことんこだわるのが、心安らぐ空間作りの秘訣です。普段の過ごし方に合わせて「主役」となる家具を選んだら、それが引き立つように周りをかためていくとお部屋が作りやすくなります。
変化を
色や素材などすべてを統一すると、まとまりは出ますが空間にやや緊張感が生まれ、どこか落ち着かなくなってしまうことも。素材や色、高さのバランスに変化をつけることで、居心地がいい空間になります。

平面図の拡大版をみる

お部屋で過ごす休日が一番の贅沢に感じられるような空間。素材や小物でメリハリをつけて、ほどよく力が抜けたリラックス感を

私の理想のお部屋は、とにかくゆったりと安らげる空間であること。安らげる空間=自分らしい空間。一生ものの家具を選ぶなら、とことん自分らしさにこだわりたいものです。休日にゆったりと家で過ごすことが好きな私は、奥行きが深く、寝そべることができるソファがお部屋の主役です。

主役が決まれば、あとは脇を固めるように周りをコーディネート。開放的で広いお部屋は、スペース上の制約がほとんどなく、自由度が高いようですが、単調にまとめすぎると間延びして物足りなさを感じることも。素材感や色・小物で視覚的にメリハリをつけることで、リラックスできる居心地がいい空間を目指しました。

コーディネートのチェックポイント

Point 1:華やかさをワンランクアップさせる壁面収納

広い空間を活かして、ボリュームある壁面収納を。ウォールナットの高級感、迫力を存分に味わえます。収納力が高いのも魅力のひとつ。板扉と飾り棚のように使えるガラス扉を自由に選べるので、物が多い私にぴったり。書類や細々とした日用品など見せたくないものは隠し、お気に入りの雑貨はガラス扉にディスプレイ。

Point 2:「座るソファ」より「寝るソファ」

ソファを選ぶ時、多くの方が深く腰かけて座り心地を確かめると思います。でも、それだけでは本当に自分に合ったソファかどうか判断することはできません。大切なのは家で寛ぐときと同じ姿勢になれること。靴を脱いで横になる。上に乗っかって胡坐をかく。そうして初めて使い心地がわかります。

休日はとにかくゴロゴロしていたい私は、奥行きが深いゆったりサイズのソファを。贅沢に張り込んだオイルレザーは使うほどに味わいを増し、一生のパートナーになります。

Point 3:レザー×鉄×木。異素材を組み合わせる

お部屋で一番目を引くソファはオレンジのオイルレザーにブラックのスチール脚。周りはウォールナットの無垢材家具で揃えました。合わせてみるとレザーの高級感、無垢材の温かみにスチール脚がスタイリッシュで軽快なアクセントになり、それぞれの良さが際立ちます。

Point 4:系統が異なる色を組み合わせるなら、鮮やかさを抑えて

華やかさを出したり、変化を付けたいときには、思い切って系統が異なるカラーを入れるのも方法です。ただ、鮮やかすぎると少しうるさい印象になる場合も。色調を渋めにすると取り入れやすくなります。今回は主役ソファのオレンジに、渋めのグリーンを合わせてみました。

Point 5:デザインでメリハリを

ダイニングの主役は、贅沢に50mm厚の天板を使ったテーブルです。シンプルですが、重厚で存在感があり開放的な空間にも負けません。一方、ダイニングチェアは軽やかでデザイン性があるチェアを選びました。

「樹種」と「角が効いたフォルム」を揃えることで、一見すると対照的なデザインでも浮くことなく、互いを引き立てることができます。何か一つでも共通の要素を持たせれば、意外とまとまって見えるものです。

Point 6:高さに変化をつける

同じくらいの高さの物がずらりと並んでいると、どこか単調で締まりがない印象に。テーブルとソファだけでは視点が低くなってしまうので、高さがある物を入れてみましょう。ライトスタンドやグリーンなどは手軽に取り入れられて使えるアイテムです。

Point 7:オープンシェルフを間仕切りに

「少し視線を遮りたい、空間が寂しいのでボリュームを出したい」というときにはオープンシェルフが便利です。お気に入りの雑貨を飾れば、パーティション(間仕切り)代わりになりますよ。好きなものに囲まれていると気分もあがってきます。インテリアコーディネート、ディスプレイを楽しみたい方には特におすすめです。

関連商品のご紹介

今回のコーディネート例、Vol.03で使用した商品をご紹介いたします。

TA-0238
スモールテーブル
¥38,880(税込み)

ふわっと宙に浮いているような、天板のカットと脚の繊細なラインにこだわって作りました。和室、洋室、どちらにもよく合います。カップと本を置くのにちょうどいいサイズ感です。

TA-0156
サイドテーブル
¥23,760¥30,240(税込み)

卵型の天板が特徴的です。何となく可愛らしい雰囲気ですが、スッと伸びた脚がスッキリとした印象ですね。ベッドサイドやソファの近くに置くと、とても便利な1台です。

TA-0154
素材感溢れる50mm厚オーダーダイニングテーブル
¥399,600¥511,920(税込み)

天厚50mmが醸し出す圧倒的な存在感は他のテーブルでは味わうことができません。深みあるウォールナットとの色合いと合わさり、高級感を演出します。天板下の幕板がないため、アーム付きのチェアもすっきりと収まります。

CH-0054
ダイニングチェア
¥46,872¥73,872(税込み)

2006年にグッドデザイン賞を受賞したこのチェア。アームと背もたれが一体となり、また荷重を片方のみで支える特殊な構造、「キャンチレバー構造」が一際目を引きます。職人の見事な技が随所に散りばめられた一脚です。

CA-0025
オープンシェルフ
¥151,200(税込み)

今回はパーテーションとして使用したオープンシェルフ。ウォールナット無垢材を贅沢に使用しています。シンプルなデザインに無垢材の美しさが映えます。

OT-0003
コートスタンド
¥172,800(税込み)

ウォールナット無垢材をふんだんに使用したコートスタンド。まるで自然の木をそのまま切り出したようなデザイン。見た目はもちろん、機能性も十分に考えられて作られたこだわりのコートスタンドです

OT-0004
マガジンラック
¥30,240(税込み)

無垢材とキャンバス地を組み合わせたマガジンラック。無垢材を削り出したフレームは一見シンプルですが、曲線が美しく細部までこだわったデザインです。

ただいまのアウトレット
数量限定の特別価格商品など、欲しかったあの商品をお買い得に手に入れるチャンスです!
新春 一枚板フェア
「万全のアフターサポート・保証」「フェア限定の割り引き特典」