BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

コーディネート例

TOP>コーディネート例>私が選ぶ理想のお部屋、インテリアコーディネート>Vol.05

Vol.05:BRUNCHスタッフ インテリアコーディネート

部屋の広さ
20畳
部屋の特徴
広々とした開放的なリビングダイニング
コンセプト
木の魅力をより楽しめること、ライフスタイルや気分にあわせて使える家具で「贅沢」に暮らすこと。このふたつをコンセプトに、シンプルで広々とした空間を活かした配置で、本当にリラックスできる空間を目指しました。
コーディネーター
brunch+time(目黒店) Satoshi Wakutsu
木の家具ならではの魅力を存分に楽しむために好きなものをゆったり「贅沢」に
木の魅力を
まずはじめに、木の魅力を最大限に感じられる家具として、一枚板のテーブルをメインに選びました。そして、職人の技術が活かされた、木の美しさが感じられる家具を中心に、テーブル以外の家具をセレクトしました。
贅沢に
今回考えた「贅沢」は「ゆったりと寛げるサイズ感」と「一つの空間で気分に合わせた行動ができる多様性」です。ダイニングとリビングに一枚板をそれぞれ据えて、「贅沢」の種類を変えて構成しました。

平面図の拡大版をみる

コーディネートを思案する際、理想のお部屋を作るなら自分が好きな家具と、とびきり「贅沢」な家具を使おうと考えました。私が好きな家具は、見た目が美しい家具。ありのままに表現した一枚板。そして、職人の丁寧な仕事によって際立つ美しいソファやテレビボードです。私が考える「贅沢」な家具は、値段が高いことではなく、木の魅力を存分に感じられることだと考えました。

力強さ、美しさ、温もり、さまざまな表情を見せてくれる家具を揃え、至る所にちりばめ、その魅力を存分に引きだすためにサイズ感、見せ方、使い方にこだわりました。

コーディネートのチェックポイント

Point 1:なんといっても一枚板

ダイニングの主役は何と言ってもモンキーポッド一枚板。キッチン前のスペースを活かして大きな一枚板を配置しました。サイズはなんとW2430mmです!動線を確保しつつ、最大限のサイズで「木の魅力を活かす」というコンセプトに合うテーブルを選びました。人工では決して作れない耳部分の美しいライン。一枚板にしかない木の魅力を存分に感じることができます。

一枚板と聞くと別荘やログハウスで使われる印象ですが、鉄脚でシャープさを加え、モンキーポッドの心材と耳の色、チェアの二色を合わせることで、一般のダイニングスペースに合うモダンな雰囲気を演出してくれます。スッと伸びた佇まいが美しいハイバックのチェア。チェアを通して覗くテーブルの耳部分がとても美しく、一枚板の魅力をより引き立ててくれます。

リビングにはカバの一枚板カウンターテーブルを据えました。大きな窓に合わせてダイニングとは見え方が異なる、洗練されたデザインの一枚板です。

Point 2:木と異素材の組み合わせ

家具それぞれの背丈に変化をつけるために置いたアイアンラックは、テーブルの鉄脚と同素材にすることで統一感を出て、モダンな印象に。木と異素材を組み合わせることで洗練された雰囲気になり、都会の住宅にも自然と馴染みます。

またテーブル横に置いたコンソールキャビネットの天板も実は一枚板でつくられています。同じ素材でまとめたテーブルの鉄脚とアイアンラック、一枚板を使ったテーブルとコンソールキャビネット。脇役の小家具たちもこだわって選びぬきました。

Point 3:リビングのスペースを分けて「贅沢」に

ソファに大きなオットマンを合わせて、自由な体勢で寝る。リビングチェアはペーパーコードの座面で夏は涼しく、冬は暖かく。窓際のカウンターは書き物をしたり、読書をしたり。気分や用途によって空間を分けられるようにコーディネートしました。一つの空間でさまざまなことができるという「贅沢」がここにはあります。

Point 4:ウォールナットを軸に

チェア、ソファ、テレビボード、カウンターをすべてウォールナットともう一種類それと違う樹種を用いることで、華やかさにアクセントを利かせ、遊び心をプラスしました。

特にお気に入りなのがカバ×ウォールナットの一枚板カウンターテーブル。明るい色合いのカバと落ち着いた色合いのウォールナットとのコントラストがとても映えます。ティータイムや読書など、自分だけの時間をゆっくり楽しみたい空間です。

Point 5:雰囲気を変える

ダイニングで食事をする。リビングで寛ぐ。それぞれは異なったことをする場所なので、空間のつながりは残しつつ雰囲気を変えることを考えました。そこで、ダイニングは一枚板をどんと置くことで、木の持つ力強さや存在感、木そのものの魅力を楽しめる空間を。リビングは少しシャープでモダンな家具を置き洗練された雰囲気を楽しめる空間となるようコーディネートしました。

ダイニングとリビングそれぞれの雰囲気を変えることで、家具の数を増やさずやんわりと空間分けをしました。

Point 6:色でメリハリを

ダイニングは濃い色を中心として落ち着いた雰囲気に、リビングは比較的明るい色を使って柔らかい雰囲気になるようコーディネートしました。ソファの張り地とカバのカウンターテーブルに明るい色を、鉄脚やアイアンラック、ウォールナットの濃い色を織り交ぜ、お互いにメリハリが出るようにしました。

部屋全体に統一感を残すためにウォールナットを至る所にちりばめたのがポイントです。木の色は長年過ごすとより味わい深い色に経年変化します。そんな楽しみも贅沢の一つです。

関連商品のご紹介

今回のコーディネート例、Vol.05で使用した商品をご紹介いたします。

CH-0044
ダイニングチェア(ビスクオーク×ウォールナット)
¥51,840(税込み)

このチェアに座ると思わずため息が出るほど、掛け心地が良いチェアです。もたれかかるとナラ材のスポークがしっかりと体を包み込んでくれます。ナラとウォールナット二種類の材を使用することでテーブルや同じ空間に配置する家具の選択肢を広げてくれます(ナラ材のみでもご注文いただけます)。

CA-0102
コンソールキャビネット
¥168,700(税込み)

脚がすらっと長くスッキリしたコンソールキャビネット。何と言っても魅力なのは天板、側板ともに接ぎ合せていない一枚板が使われていることです。脚のディテール、引き出しの取っ手部分、細部まで丁寧に作り込まれたこだわりが感じられる逸品です。

CA-0125
ガラス×アイアンがおしゃれなラック
¥62,100¥86,400(税込み)

鉄とガラスの異素材を組み合わせたシェルフ。背が高いのでお部屋のアクセント付けにピッタリです。マットな質感の鉄フレームは重厚感がありつつも、すっきりと見えガラスの上品さとあいます。見せる収納として、好きなものを並べていただけます。

CH-0210
スツール
¥29,484¥32,940(税込み)

2本のバーで構成された座面がポイントの、スマートなスツールです。後ろのバーに絶妙に角度をつけることで、安定した座り心地を感じられます。座面高は600mmなので、少し高いカウンターテーブルなどにぴったりです。

CA-0012
格子がおしゃれなテレビボード
¥207,200¥505,590(税込み)

正倉院などに用いられている校倉造りをモチーフにした、美しさが際立つテレビボードです。14mm角の無垢材を、丁寧に井桁状に積み重ねせた繊細なデザインは洗練された佇まいです。お選びいただける樹種も豊富に揃えています。

CA-0013
チェスト
¥183,350¥234,830(税込み)

正倉院などに用いられている校倉造りをモチーフにした、美しさが際立つチェストです。14mm角の無垢材を、丁寧に井桁状に積み重ねせた繊細なデザインは洗練された佇まいです。お選びいただける樹種も豊富に揃えています

SO-0014
細いスポークが並ぶ後ろ姿が美しい木枠ソファ
¥152,280¥599,400(税込み)

ウォールナットとナラを組み合わせたソファ。後姿がとても美しくどこに置いても絵になるデザイン。背クッションはウレタンとフェザーの混合材を使用し、座り心地も抜群で型崩れしにくいクッションです。本体の座面はメッシュ素材になっているので長時間座っても疲れにくく、吸湿性もバッチリです。

SO-0015
オットマン(SO-0014と同デザイン)
¥72,360¥115,560(税込み)

「横長のソファでは物足りない。でもカウチのソファを置くスペースはない」という方におすすめしたいオットマン。脚をゆったりと伸ばして、ソファでの時間を寛ぐことができます。お客様が来た時のちょっとしたスツールにも使える優れものです。

TA-0046-WNNR
プチテーブル
¥46,440¥52,920(税込み)

底に車輪のキャスターがついている便利なプチテーブル。コの字型の形状ですので、ソファやオットマンに挟み込んで使えます。グラスや本、リモコンなど細かいものを置くのに最適な家具です。

CH-0239
耳付きスツール
¥32,832(税込み)

座面に耳付き材を使用したスツールです。スツール本来の用途はもちろんのこと、ちょっとしたスペースに置くだけでインテリアのアクセントになります。木目や耳のシルエットなど、一点一点変わる表情をお楽しみください。

CH-0012
CH44 by Hans J. Wegner
¥213,840¥227,880(税込み)

デンマークの巨匠、ウェグナーが1965年に発表したイージーチェアです。18世紀のイギリス様式家具がルーツとなっており、120メートルものペーパーコードを使用した座面は座り心地はもちろんのこと、優れた耐久性を持ちます。

TA-0108
サイドテーブル
¥147,960¥170,640(税込み)

700mmの円形の天板に、流れるような美しいシルエットの脚が特徴的なサイドテーブルです。天板の面形状は船底になっており、滑らかな肌ざわりですっきりとした印象になります。少し高さがある作りなので、リビング以外にもベットルームにもピッタリです。