BRUNCH

無垢材家具のインテリアショップ

COLUMN

TOP>COLUMN>木×鉄の家具

木×鉄 ~ 異素材のコラボ家具

木と鉄は相対する存在であるように思えますが、じつは相性が良い組み合わせです。木がもつ暖かみを金属の堅牢さが支える。木だけでは表現しきれないシャープなラインや曲線が多彩な表情を生み出します。木×金属の、素敵な組み合わせをお楽しみください。

異素材と木の家具

BRUNCHが取り扱っている家具の中で、金属製のパーツを取り入れた商品は少なくありません。木材だけでは製作することが難しい細い脚、硬質感が引き出しのワンポイントになる取手、軽やかで可憐なフレーム部分など、家具に金属を用いることでデザインの自由度は飛躍的に高まります。

また視覚的にも、天然の素材である木材と強いコントラストをつけてくれることで、より木の存在感を高め、メリハリある印象を与えてくれます。家具の素材に無垢の鉄やスチールなどの異素材を取り入れることで、コーディネートの幅が広がります。

無垢の木、だけではない選択肢

やわらかで温かい、自然な魅力たっぷりの木製の脚に比べ、鉄製の脚を合わせた場合はスッキリとシャープな印象になります。ふたつの質感が一緒になることで相乗効果で鉄脚が木の天板の魅力をさらに引き立ててくれます。

ワンポイントに取り入れる

お部屋に異素材を取り入れることによって、空間の中にアクセントが生まれます。ダイニングテーブルのスチール脚や、テレビボードとセンターテーブルに取り入れた無垢鉄の脚。スッキリとした縦のラインがこれらの天板面を支え、カジュアルな印象を感じさせます。

異素材×木のコーディネートをみる

―BRUNCHの無垢鉄―

「無垢鉄」とは、内部まで鉄が詰まった鉄のことです。無機質になりがちな金属という素材でも、職人がハンマーで叩いて鍛え上げた無垢鉄が、素朴で暖かみある表情を垣間見せてくれます。

ありそうでなかったデザイン

表情が豊かな無垢鉄の脚をあつらえて、上質な高級感はそのままにスタイリッシュさをプラスした、BRUNCHオリジナルのテレビボードです。

木製の脚だけでは表現が難しい、宙に浮いているような軽やかさとカジュアルさを感じさせます。前面の扉には、ガラスに薄い突き板を張りましたので、閉じたままでもリモコン操作ができるため、使いやすさもしっかり確保。どこにでもありそうでない。さまざまなスタイルのお部屋にぴったりなテレビボードです。

CA-0151 BRUNCHオリジナルテレビボードをみる

―スチールでシャープに美しく―

中空構造となっているスチールのフレームは、軽く強度に優れる点が特徴です。木製では表現しきれないスッキリしたデザインでシャープなアクセントを与えてくれます。細くやわらかなカーブも得意ですので、流麗なラインで美しさもプラスできます。

耳付きの存在感にも負けない脚

自然の息吹が感じられる耳付きの天板は、ダイニングテーブルの天板として根強い人気があります。その耳付き天板にスチール脚を合わせてあげると、モダンでスタイリッシュな雰囲気になり、他の家具ともよく馴染んでくれます。

時間とともに味わいを増していく天板と、永続性を感じさせてくれる金属素材はまさにベストマッチング。お客様の暮らしに合わせて、さまざまなサイズの天板をオーダーしていただけるので選びやすい点もポイントです。

TA-0305-BC 耳付きダイニングテーブルをみる

つくれるスタイルは無限大

革のソファに金属の脚という組み合わせや、ガラス天板のテーブルなどがあるように、金属素材と木材の組み合わせ以外にも、その異素材同士の組み合わせは数多くあります。

鉄や革、ガラスなどの素材を使った家具もコーディネートに取り入れてみると、その可能性は無限に広がり、カジュアル、ラグジュアリー、カントリー、ワークスペースなど、お部屋のアイデアが多種多様に膨らみます。お客様のワクワクするようなイメージをどうぞBRUNCHのスタッフにお伝えください。お客様と一緒に、素晴らしい空間作りのお手伝いをさせていただきます。