木のソファが選ばれる理由

無垢材を贅沢に使用した木枠ソファ
張りぐるみの普通なソファと違い、構造フレームが見えるため一切の妥協がありません。
デザインの違いや個性を出しやすく、バリエーションが豊富な点が特徴です。
使い込むほどに味わい深くなっていく木枠ソファの魅力をご紹介します。
部屋に圧迫感を与えません
張りぐるみの普通なソファと違い、構造フレームが見えるため一切の妥協がありません。
デザインの違いや個性を出しやすく、バリエーションが豊富な点が特徴です。
使い込むほどに味わい深くなっていく木枠ソファの魅力をご紹介します。
張りぐるみソファを中央に配置すると
ソファ全体が張り地で覆われているタイプの「張りぐるみソファ」を部屋の中心に配置した場合、存在感がありすぎるためにお部屋に圧迫感を与えてしまい、お部屋全体が狭く感じることがあります
また、張りぐるみソファは本来壁際に配置することを前提にしているため、後ろ姿の見た目を重視しないデザインが多く、平凡な印象になりがちです。
木枠ソファを中央に配置すると
文字どおり木のフレーム(枠)が基本構造のソファなので、見た目がスリムでとても軽やかです。
横幅が長くてもコンパクトに見えるため、お部屋に圧迫感を与えません
また、背面が美しく、後ろから眺めているだけでも楽しめます。
木枠ソファは、お部屋の真ん中に置いて主役にしたくなるようなソファです。

木枠ソファのもう一つの魅力、樹種オーダー

木のフレーム部分をウォールナット、ブラックチェリー、ナラ、メープルなど、ソファごとにさまざまな樹種でオーダーいただけます
木枠ソファのクッションはすべてカバーリング仕様なのでカバーの洗濯が可能です。 将来的に、カバー・クッション中材のみ各々販売していますので、古くなったカバーのみ、ヘタってしまったクッション材のみを交換することで、一生使い続けることができます。 一緒に同じ時間を歩んでいく。そんな魅力が無垢材家具、木枠ソファにはあります。
座り心地へのこだわり
「木枠ソファって見た目は格好いいけど、座り心地はどうなんだろう……?」
一見どれも大した差がないように見える木枠ソファのクッションですが、中材にコイルスプリングなどを使用し、何層にも重ねられたウレタンクッション材、さらにフェザーを表面に入れたりと、それぞれのソファにそれぞれのコンセプトを持ち、最高の座り心地を追求しています。
木のフレームソファを見る

Title

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.